お笑い芸人大百科

ネタ動画・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

加藤誉子

カトウタカコ

加藤誉子


加藤誉子

本名:加藤誉子
生年月日:1977年8月7日
血液型:O型

加藤誉子 Twitter

加藤誉子 Blog

ある所に人の心や未来や 目に見えない世界のこと、ほかにも色々と見える女の子がいました。 生まれた時にこの子は、凄い力を持った霊能者になる。人助けをすることができる。そう両親は、故郷の街でみんなが頼る霊能者に言われたらしい。どうやら、自分には妙な力があるらしいと物心ついて気がついた女の子はとても、それを嫌がった。自分の脳裏に入ってくるさまざまな信号、気、不思議な物体言葉、他人の感情、それを怖がり、拒絶し、自分は病気なんではと不安がりどうしてわたしだけとこんな体質なのと泣いて母親を困らせた。おばあちゃんもそうだった。いとこの姉さんもそうだった。それは、ステキなことなんだよと母も父も 女の子が泣くたび 励ました。しかし、成長した彼女はその力をある程度、コントロールできるようになった。はじめて、その力を自分の大好きな友達の恋の相談に使ったときその友達にはじめて自分には未来が見えていることを打ち明けた。絶対結婚する。だから、大丈夫だと。そのために、こういう行動をしたらいいんだって。3年、頑張って。友達は、すごいねすごいねと優しい笑顔で喜んでくれた。そして、彼女を信じ、3年一途に頑張った。3年後、その恋が実り生まれた子供を連れて来てあなたがいないと、この子はいなかった。本当にありがとう。恩人だよ。と友達は笑ってくれた。幸せそうな親友の顔を見て彼女は思った。うまく使えば人を、幸せにできる力だ。そこから、その力を使うようになった。人の心や人の未来、人の結婚や人の運勢とにかく人のことばかり読んだ。自分のことを良く、悪く思う人もどちらもわかるため辛い時もあったが立ち回りやすかった。そして、いつしか昔 嫌がっていたこの力は絶対的に、自分が生きるための心強い味方となっていた。仲良しの友達に相談されるといつも、自分の考えより不思議な力の方を使った。全て見えた。そのため自分自身が考えた彼女に良いであろう対策よりなにか絶対的なものが教えてくれるその力を使ったほうが的確で、正しく、彼女を幸せに導いてくれる。そう疑わなかった。周りの友達は、幸せになっていった。 その積み重ねで自分には不思議な力がある。という事実を、人に話しても良いかもと思った彼女は ポツポツ周囲に打ち明けはじめた。仲良しでなくても、読み取ることができた。エネルギーを使い果たし身体や、心が疲れきることもあったがありがとう!と喜んでくれる人を見ると 本当に嬉しく幸せでこの力があって良かったとはじめて思った。人が喜んでくれるならそれが使命だと思っていた。大人になってひとまわり下の友達ができた。可愛いく、優しく、ユーモアのセンスがあるステキな子だった。仕事に悩んでいるという。いつものように、不思議な力をからもらった解決策と、幸せな未来を話すと そのステキな人が言った。不思議な力ではなくわたしはあなたの意見が聞かせてほしいよ✨不思議な力と仲良くなりたいからではなくあなたが好きだから、友達になったんだよ。なんでも、すぐにわかってしまったらつまらないじゃない一緒に、ああでもない、こうでもないと笑いながら考えながら時には失敗したりしながら人生歩いて行くのも、いいんじゃないかな?はっとした。そして、自分に戻って彼女の悩みに応えようとしたときなにも、出てこないことに気がついた。自分は、どんな考えを持った人間なのかわからなかった。力を使えば早いと思っていた。気がつけば、そうして生きていた。私は何がしたいのか。私はどんな気分で今いるのか。人ばかり読んで自分の心を無視していた。人を助けられるなんていうのも、おこがましい話だったかもしれない。そこから、彼女は不思議な力を使うのをやめた。 その友達と、ご飯を食べながらいろいろな話をした。いろいろな場所にいった。たまにはどれだけ白目を剥けることができるか頑張ったりベロで鼻の下を舐めようとしたり、なにが面白いのだか映画プラダを着た悪魔にでてくるアンハサウェイの恋人が、芋の調理法を何年も修行したんだと自慢するシーンが笑けるよねといって 芋の調理法と何回も口にしてひつこく笑ったりドラゴンボールのDVDを見て悟空と一緒にオラ、ワクワクすっぞと呟いて怖いくらい似てなかったり一人でカフェに行って久米、関口、まどか、館、ネコ、五木、、とたくさん芸能界にいるひろしをジャンルごとに分類して五木は迷ったあげく芸人の枠にいれたりした。意味なんかなくていい。なんか、楽しい。なんか、ワクワクするなんか、楽しい。力を使わず自分の心に耳を傾けて、見つめ、心が求める方を選ぶようにし たまに失敗しては、笑いながらそして、意味のないように思われる でも好きなことをしながらステキな仲間と一緒に進んだ。そのあと彼女は、大好きな人と結婚し母になった。 不思議な力が、自分に今もあるのはわかっている。けれど自分自身はそれを使わなくても大切な人の顔を見るのが1番の、幸せで1番の、彼女に力を与えてくれるかけがいのないものだと彼女は、もう、わかっている。 [...]
2018年5月15日(火)
Source 加藤誉子のブログ 頭の中がちらし寿司✨
{AC9F609D-CE35-44BD-9829-C087155005C7}
先日、TSUTAYAの入り口である看板に目が留まり、足を止めた。元囚人(プリズナー)のトレーナー監修〜ザ・監獄ダイエット〜永遠の強さを手に入れる最凶の自重筋トレ!○ショットガンマッスル○鋼鉄のガンマッスル○防弾ジョイント色々と凄い。最強を最凶と描いてるあたりに好感がもてた。なんだか分からないけどやるやないか。永遠の強さを手に入れるのもいいかな。と購入を考えた時、ふっと頭にずっと昔ビリーズブートキャンプを本気でやりすぎて救急車で運ばれるという消し去りたい過去がよぎった。25歳のわたしは迷っていた。服屋さんで働いてはいるがこれでいいのか。他にやること、あるんじゃないか。答えは出なかった。そんな時、テレビの通販番組で弾丸のような身体の黒人の男性が貴様ら!!甘えずに身体を磨け!!と激を飛ばしている姿に釘告げになった。これだ。いやいやなにがこれだ。だ!!!何がこれだなのか今となってはわからないが若い自分がかなり自分探しをしていたことだけは頷ける。気がついたら購入し、入隊していた。ビリー隊長と同じ黒いタンクトップを着用し、深夜、DVDを流しながらものすごい熱量で筋肉を鍛え、汗を流し、最後は仲間たちと画面越しにハイタッチ。完全に、向こう側に行っていた。両親は同じマンション内の別室で就寝していたので自分の娘が鬼の形相で元陸上部隊の軍曹とともに筋肉を鍛える火になっている姿を見られなかったことだけが不幸中の幸いだった。そんなある日。ことは起きた。いつもどうり、全力でビリー隊長と一緒に弱い己の精神と脂肪に地獄の回し蹴りをお見舞いしていたその時、急におなかがボンっという音をあげ前に出た。なにこれ…?恐怖が襲う。内臓破裂という恐ろしい想像がよぎる。腰が抜けた。動けない。力が入らない。大変なことになった。救急車を呼ばなければ。私は力を振り絞り、119に電話した。「どうされました?!」震える声で、伝えた。「あの…う、う、動けません。」「動けないんですね。大丈夫ですか?何をしていて、動けなくなられましたか?」「えーっ、、、、、あの…」「大丈夫ですか?何をしていて、動けなくなられましたか?」声を、必死で出した。「ビ…ビ…ビリーズブートキャンプをしていたらおなかがポンとでて、動けなくなりました。」「え?!」お願いだから聞き返さないで欲しいと思った。その後ビリーズブートキャンプをやっていたらおなかがポンと出た。というマンガのような説明を3回ほどした。「救急車向かいます!」隊員さんに伝わった。良かった…ほっとしたのも束の間あることに気がついた。まずい。。私タンクトップに黒タイツ1枚やないか。そんなんどうでもええがな!!緊急時に気にすることか!!ですが25歳の女子。気にするに、決まってる。気を失いかけながらも這うようにして、いや這って、自分の部屋にゆき1番、ラックの近くに掛かっていたワンピースをむしるようにハンガーからとり 必死に頭からかぶった。良かった…。江頭2:50みたいな格好で運ばれずに済んだ…。再び安心したが、自分が来ているワンピを見てギョッとした。1番、よそゆきのシルクの花柄のワンピやないか!!!お洒落すぎる!!どこの誰が深夜にシルクの花柄のワンピースを着てビリーズブートキャンプなんかやんねん!!隊員さんに嘘つけ!!と思わるわ。様々な光景が浮かび、不安になったが残念ながら力尽き、玄関の鍵を開けた時点で倒れこみ 目を閉じて静かに隊員さんの到着を待った。今となってはこうして淡々と書いているが汗だくでシルクの花柄のワンピースを着たまま玄関でカエルのようにひっくり返り死ぬのではないかという恐怖に耐えている若い自分を誉めたい。ピンポーン加藤さん、大丈夫ですか!?待ちに待った隊員さんが来てくれた。右目だけうっすらあけて隊員さんの顔を見た。イケメンだった。イケメンだと認識した私の身体は残る力を振り絞り震える手で前髪を直した。何しとんねん!まったく、お年頃の女子の底力はすごい。そのあとはあまり意識がないが隊員の方が救急車の中で「25歳女性、ビリーズブートキャンプのやりすぎで気絶。」という情けない状況がこれから搬送される病院に伝えられいるのがわかった。そして遠い意識の向こうで「ビリーズブートキャンプです。筋肉トレーニングです。」と、隊員さんが繰り返しているのが聞こえ病院の方にえ??!と聞き返されたんだなという事実も感じとれた。情けない。病院についてから先生にも必死で伝えた。「ビ、ビリーズブートキャンプをしていたら、、、お腹がでて、ずっと違和感があって内臓が破裂したのかなと、、、怖くて、、」泣けてきながらも今日、何回ビリーズブートキャンプて言っとんねん。と自分とビリーに引いていた。先生は、とても優しく「落ち着いてくださいね。まず、お腹のレントゲンを撮りましょう」車椅子に乗りレントゲンを撮影し私はもうよれよれの瀕死の有様で先生のもとに結果を聞きに看護師さんに連れられた。レントゲン写真が貼られている。先生は、真剣な顔で話し始めた。「加藤さん、ここのお腹の部分に塊が写っているのわかりますか?」ま、まさか、血の塊?恐怖で、声が出ない。血の気が引きまくっている私に先生は、穏やかな声で続けた。「これ、全部ね、便なんですよ。」え?「あと、この下のモヤありますよね?これは全部、ガスなんです。」え?「加藤さん、すごい便秘ですね!激しい運動で、便とガスが前に来たんですよ。」しっかりと、目が開いた。先生は最後に笑いを堪えながら言った。「加藤さん、立てるはずですよ。」なんということだ。瀕死の有様で車椅子にしなだれている自分。意識の中のカラスか何かが冷静にそんな自分を見ていてあほちゃうか〜と鳴いた。便秘の薬を出され帰り道はしっかり歩いて帰った。夜風に吹かれながら世の中のみなさんそして、両親に絶対恩返ししようと決めた25歳の深夜のわたし。翌年お笑い養成所のNSCに入学して頭にコンビニの袋をかぶってフランスパンを手に持ちよろしくおねがいしますとしっかり挨拶した後コントして先生に声小さいて怒られるとかまったく、知る由もなかったなあ。 [...]
2018年4月09日(月)
Source 加藤誉子のブログ 頭の中がちらし寿司✨
{5BD5EAEE-4F8C-4AEB-9735-BAEA1B18F6F0}
私は犬が好きだ。ちょっとどうかと思うくらい可愛いと思うし自分でもなんだと思うくらい目を細めて犬の動画をずっと見てしまう。仕事で疲れたサラリーマンが石田ゆり子さんのInstagramを気づけば1時間見てしまうのと似ている。小さい頃から熱狂的に犬可愛い!!犬飼いたい!!と熱く訴える私。母のマンションがペット禁止だから買われへんねん。ごめんね。この説得には、納得していたけれど父のうんちもおしっこもしない犬がいたら飼ってもいいよ〜という発言には幼いながらに何いうとんねんと感じ、スルーという大人びた対応をとっていた。そんな私がある日、遂にやった。ペットショップから犬を盗んだのだ!!犬泥棒!カニ泥棒だ!!関係ない!!!カニ泥棒は言いたいだけだ!!🦀盗んだというかまだ、小学一年生になったばかり。ペットショップで子犬を抱かせてもらい可愛すぎて、何かに着火。ショート。気がついたら抱っこしたまま家に連れて帰っていた。母がおったまげ父がおったまげ姉が、引いた。猫派の姉は犬のいつも一緒!みたいな必死さが暑苦しい。猫は、ちょうど良い距離感で付き合える。と小学生のくせに私に綺麗な顔で言い放ち将来モテモテで男性を振り回したうえ玉の輿に乗り、シンガポールでプール付きの家に住むことになる片鱗を見せつけていた。犬派の私も負けじとなんでやねん!犬はなんに対してもまっすぐ!一生懸命やから可愛いねん!と将来、芸人になり一人で猛烈にカニ走りを練習しマンションの下の家の人に怒られることになる片鱗を見せつけた。結局母に連れられ菓子折りを持ってペットショップに謝罪に。店長さんのエプロンの犬の足跡の柄ばかり見てしまった。🐾🐾犬の足跡🐾がいっぱいついた柄のエプロン。🐾🐾何日かして父母が優しい声でたあちゃんはほんまに、犬が好きなんやなあ。これで、飼うのは諦めてね。と母からはお出かけワンワンというぬいぐるみ父からは「世界の犬」という大量に犬が掲載された辞典が私に贈呈された。熱病のようにお出かけワンワンで遊び世界の犬を読んだ。学校にももってゆきかなり覚えた。ハードルみたいな犬はボルゾイと言います。と聞かれてもいないのに友達に説明した。*ハードルみたいな犬と言えばボルゾイその後近所で有名な気性の荒いサリーという名前の野良犬に可愛いな〜お利口さんやな〜♡と近づき地獄の奪衣婆のような形相で追い回されお尻を噛まれたことにより私の犬好きは程よい具合に落ち着いた。それでも、かなり好きだ。世界の犬実家にあるか聞いてみよう。最後に犬好きあるあるを1つ柴に、目がない。 [...]
2018年3月25日(日)
Source 加藤誉子のブログ 頭の中がちらし寿司✨
「わたしさあ一生のうち一回はアマゾンに行きたい。ジャングルとか冒険してみたない?!」お気に入りのそば屋でわたしは長年の友に話した。「まったく、思わん。」バッサリ切り捨てられた。「昔、かめ虫みたいな髪型の男に俺と冒険してみいへんか?て口説かれたことあんねん。」「冒険て言葉、一生使わんとくわ。アマゾンに探検とか、一回行きたない?」言い直すわたし。「服、ないわー。」「え?」「探検する時に、着る服ないわ。」「なによ、着る服て。」「探検する時って全身、カジュアルやろ?」「カジュアルていうか、短パンにスニーカーにリュックとかやな。」「そやろ。スニーカーに短パンとか、無理や。」「なんで?」「若作りすぎるやろ。」「えー?」「ある程度の年齢なったら短パンはくなら足元はヒールにするとかどっかに綺麗目いれな、きついて。」「何を気にしてんねん。アマゾンで誰もそんなん気にせえへんわ。全身カジュアルでいいねん」「わたし、カジュアル似合わんねん。」「それは、知らんがな。」「どうしても行かなあかんねやったら、足元だけはヒール履く。」「歩きにくいがな、アマゾンで。」わたし達は、品の良い声でそば湯を注文した。「服なんかどうでもええやん?さんさんと降り注ぐ太陽の下で大自然.満喫!いいでー」「満喫なんかできひん。」頑なに、嫌がる友。「なんで?」「めっちゃ焼けるやん。」「え?」「紫外線。日本でもめっちゃ焼けんのにアマゾンのさんさんと降り注ぐ太陽とかどんだけ焼けんねん。」「日焼け止め塗ればいいやん。」「SPF1億の日焼け止めでも無理や。どうしても行かなあかんならわたし、日傘さすからな。黒の。」 「日傘に対する信頼すごいな。」「や、それでもやっぱ行きたないわ。」「なんで?」「弁当が、腐る。」「は?」「アマゾンて、暑いやろ?持ってきた弁当、腐るやん!!」「あんた、アマゾンにまで弁当持参するつもりなん!?」「当たり前やん。栄養、バランス偏るやん。」「アマゾン行った時くらい、バランス忘れや!」そば湯を湯呑みに入れた。「あとさ、アマゾン川でカヌー乗りたい。絶対、気持ち良いわ。」「いやいや、無理無理。死んでも乗らん。」予想どうり、友、絶対的に拒否。「えーカヌーも嫌なん?」「うん。カヌーて、めっちゃ揺れるやろ。」「あ、それは確かに怖いな。川に落ちたらピラニアおるしな。」「や、そんなんじゃない。カヌーが揺れたらまずい。」「え?なにがまずいん?」「弁当の汁、もれるやん。」「また弁当か!!さっき持参するなて言うたがな。」「揺れたら弁当って百パー、汁漏れするやん?誰かの弁当の汁漏れてない?て。犯人探しになんの嫌や。」「ほんなら、もーそやなあアマゾンの現地の若者と恋に落ちるかもやで?」「顔濃いやろ。アマゾンの人。わたし、極限に薄っい顔が好きやから。」「じゃあ、冒険一緒にしてる日本人の仲間と恋に落ちるかもよ。」「や、短パンはいてるやろ?短パンはいた男性はだいたい三角座りしたらはみパンかはみチンするに決まっとんねん。幻滅して終わりや。」あかん。友はほんまにアマゾンには行きたくないらしい。そば湯を飲みながら、わたしは呟いた。「あー美味しい〜そういえば昔世界ウルルン滞在記で森山未来がアマゾンに行ってたよな。」✨「あ、森山未来となら アマゾンも、ええな〜。」嬉しそうに、ニヤッとした。仲良くなってから20年ずっとこんな話ばっかり。 [...]
2017年12月22日(金)
Source 加藤誉子のブログ 頭の中がちらし寿司✨

加藤誉子 YouTube 動画

コメント書込

こちらの芸人さんは★星いくつ?
[投票数: 0 平均値: 0★]

  コチラの芸人さんもオススメ

石井てる美
石井てる美

石井てる美 本名:石井てる美 生年月日:1983年7月4日 血液型:O型 石井て …

マギー審司
マギー審司

マギー審司 本名:三浦審 生年月日:1973年11月11日 マギー審司 Twit …

禅

禅 メンバー イーグル溝神 本名:溝上洋次 生年月日:1975年10月4日 タイ …

田上よしえ
田上よしえ

田上よしえ 本名:田上芳恵 生年月日:1972年12月24日 血液型:A型 田上 …

テル
テル

テル 本名:菊池輝一 生年月日:1969年12月14日 血液型:B型 テル Tw …