お笑い芸人大百科

芸人さんを応援❗ネタ動画・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

ヒコロヒー さん

ヒコロヒー

ヒコロヒー


ヒコロヒー

よみがな:ひころひー
本名:
生年月日:1989年10月15日
血液型:AB型

ヒコロヒー Twitter

ヒコロヒー Blog

前回の続き、ひたすら印象派について書いていくだけの記事です。興味がある方はどうぞ。前回https://ameblo.jp/hiccorohee0016/entry-12505051480.htmlそんなわけで私が最も好きなクロードモネについて書きます。モネは「日本人に最も愛される画家」とも言われていて、これについてはなぜかは詳しくは知らないし、「なんや人種でカテゴライズする必要あるう?どないい?」とも私は思うので、個人的には手放しで最高!ってなるコピーではないのですが、でもなんとなく、日本美術における繊細さや色味の淡さが、私たちに親しい気持ちにさせるのかなという雑な考察だけ置いておきます。これはモネが自分で自分を描いた、いわゆる自画像です。こういう人やったらしいです。自己申告やから盛ってるかもしれへんけど許したろうな。モネの代表的な絵画は睡蓮日傘をさす女性とかでしょうか。モネの特徴としては断続的な、叩いたような筆のタッチ(なんか名前があったと思う)と、あとは、風景画です。人物画ももちろんありますが、モネは屋外で景色を見ながら、太陽の変化とともに景色の光や色も変わっていく様子を描くことに、めちゃくちゃこだわっていました。私が個人的に好きなのはかささぎアルジャントゥイユのレガッタ菊などです。これはちょっと枚挙に暇がないので三枚だけにしておきますが、本当に全部、マジで全部がラブリーです。モネが推しなら私は「推しが尊くてしんどい」状態です。何が好きかと聞かれれば、わからないです。色彩がかわいいし、構図もおしゃれだと思います。本当にセンスが良いです。モネが養成所の同期なら、こんなセンス良いやつおったらたまらんがな、と、すぐにお笑いを辞めてたと思います。かささぎに描かれてある雪の白色が、光に包まれている部分と影になっている部分があるのとか、木に積もった雪の質量とか、そんなんがくらくらするほど素敵に描かれていて、その中に佇む黒いかささぎ、こんなんアイディア賞やん!?!!?!!?!センスやん?!?!!?!!?てなります。ちなみに雪というモチーフは当時は「病める自然」としてあまり好まれたものではなかったそうなのですが、モネが愛していたフランスのノルマンディ地方にはありとあらゆる美しい自然があり、実際にモネはそこで風景の美しさ、それを絵画にすることに魅了されているので、きっとこれも「何が病めるやねん!!!!おっさんらわけのわからんこと言うな!!!!!雪なんか美しいでしかないやろ!!!!描くで!!!!」と描いた感じでしょう。(知らんけど)そういう、ちょっと前の美学にとらわれずに自分が美しいと思ったものを信じる強さみたいなものもモネの魅力のひとつに思います。ちなみにこの「かささぎ」もサロンドパリでしっかり落選してます。ムカつきます。オタク全開でまた語りすぎましたので、絵についてはちょっとこの辺で。モネは若い頃、シャルルグレールという画家の教室に出入りするのですが、そこでルノワールとバジールというのちの盟友たちと出会います。このグレール教室の話も面白さ満天な続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [...]
2019年8月12日(月)
Source 地球ブログ
モネの白いクレマチス。とても好きな絵のひとつです。ブログをこまめに読んでくださっている方にとってはちょっともううんざりかもしれないのですが改めて印象派について少し書いてみようと思います。思ったより長々と書いてしまったので、興味のない方にはおすすめしない、ということが私からの誠意です。私は美術が好きで(造詣が深いわけではなく、好きなだけ)中でも19世紀の印象派と呼ばれる芸術が好きなのですが、これまで1秒たりとて喋ったり語ったりやなんかする機会はありませんでした。しかし、先日、映像作家である柿沼キヨシさんの「おまけの夜」(YouTubeにたくさん番組配信アーカイブがありますので是非)に、ゲストで出演させて頂く際に、柿沼さんに「ヒコロヒーは趣味なんなの?」と聞かれて、印象派とかが好きです、と言うと、それいいじゃん!それにしようよ!と言ってくれ、今まで1秒も喋る機会がなかったのに、がっつり1時間半お話させて頂きまして、そしたら視聴者の皆さんがどんどん「おもしろい!」とか「この絵めっちゃ良い!」とか言い出してくれて私めっちゃ、えらい、そらもう、たいそう嬉しおました。そやねんそやねん、ええやろ?!おもろいやろ?!って感じで、たいそう嬉しおました。たいおま。それで、SNSを通じていろいろと印象派について反応が飛んできたので、改めて、個人的なものになりますが、私からみた印象派のことを少し書いてみようと思います。私が美術を好むようになった事にこれといった契機はないのですが、幼い頃から家に多種多様な画家の画集が多数あり、それをてきとうに眺めるのが好きではありました。これは今も変わらないのですが、その頃から特にモネとセザンヌが好きでして、それは単純に絵がとても好きでした。10代の頃、フランスへ行く機会があった際に、初めてルーブル美術館を観て、それまで漠然と抱いていた「美術館おもんない」の概念がぶち壊され、帰国してからは美術館、というものに抵抗感がなくなり、地方美術館によく行っていました。それから20代になり、芸人と呼ばれる暮らしを始めてから、改めて彼らの人生背景を知ると、なんとも自己都合に合わせた解釈をするようになり、その浪漫にときめき、苦悩にじんときて、幸福感に焦がれ、さらにのめり込むように好きになっていきました。さて、印象派が何かという事についてはグーグル先生をしてもらった方が正確性に長けているとは思いますが、軽く私の言葉で説明させて頂くならば「サロンで認められなかった若者たち」という感じです。当時、花の都パリにおける職業画家の名誉は「サロンドパリ」という絵画の展覧会に入選する事でした。お笑いでいうならば「M-1」「キングオブコント」「R-1ぐらんぷり」みたいな感じでしょうか、賞レースにいかないと周囲から認められない、売れることに繋がらない、みたいなことです。各賞レースと同じくして、サロンドパリにも審査員たちがいました。その人たちにハマるかハマらないかで人生が大きく変わります。時代的な背景もあり、それまでは神話や聖書などの場面を切り取った絵画こそが芸術続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [...]
2019年8月12日(月)
Source 地球ブログ
試し卸し叩き2、ありがとうございました。存分に試し、卸し、叩かせて頂きました。この催しをやるにあたって過ごしていた日々の中で、ネタというものについて、色んな観点から、設定とかではなく、広義的に、在り方みたいなものを、考えることがとても多かったのですがらちょっと、少し考え過ぎていたみたいかなあ、と思いました。中に入り過ぎず、常に、あらゆる観る人の感情を柔軟にイメージしながら、凝り固まりすぎずにやっていく必要があります。提示することと、気に入ってもらうことは、また別なので、提示の段階では、はなから不要な配慮によって、それらしく振る舞うことはやめよう、と、気付かせて頂きました。今回のこれがなかったら、くだらない安全圏のものを引き続きやることになっていたかもしれず、安全圏だと思っているエリアこそが、自分の首を締めにかかることはよくあることです。とてもくだらないオチを迎えてしまうところでした。準備している最中は思わなかったですが、終えてから思ったのは、ネタを作る段階で、不必要な部分で低姿勢だったかもしれないということで、もっとまっすぐ、しかし柔軟に、色々なものを作っていくことができればいいです。品物が良いと思ったら、買い手がつくかどうかは二の次として、とにかくショーウィンドウに並べてみる、これはもうね、気合いとか、心意気だと思いました。私の場合は特にそれが合っています。もっと徹底して、それをやっていきたいです。初めてお越しくださったお客さんたちには、少し不親切やったかもしれないなあと反省しています。試し卸し叩き続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [...]
2019年7月29日(月)
Source 地球ブログ
さらば青春の光お兄さんに呼んで頂いて、「さらば青春の光寄席」に出演させていただきました。とっても嬉しい触れ込みだったのでちょっと自慢させてください。こんな事も滅多にないので。この先の人生で何度こんなに自慢したいことに出会えるか分からないので。さらばさんが「今見たい7組」の触れ込みです。嬉しすぎ。嬉しすぎ。嬉しすぎ!!!!!イルカの鳴き声みたいな声だして喜んだ!!!!キュイーン!!!!!!この嬉しさを伝えるためだけのツイートキャスティングライブをしたりしましたね。はっきり言って、小躍りです。小躍りしながらモイってました。気味悪いやろ???しかしなんぼ気味悪い思われたとて、そんなもんノーダメージなくらい引き続き小躍りできてまいます。それくらい、私にとって、たぶん大阪松竹でさらばさんの姿を見ていた後輩たちみんなみんな、全員にとって、さらばさんの存在というのはとても大きくて、眩しくて、かっこよくて、本当にずっと、めちゃくちゃ憧れの存在でしたから、またいつかさらばさんとご一緒させて頂けるように頑張ろう、とか、そういう類のモチベーションは、私だけではなくて、たくさんの連中にとって支えになっていました。当時から、お客に全然ウケなくても、さらばさんが袖で「お前おもろいな〜」って言うてくれたら、よしこれでいこうと思えたし、お客にどんなけウケても、さらばさんが笑ろてはらへんかったら、あーくそー、とか、なんか、そういう存在でした。だから、本当に、このタイミングで呼んで頂いたこと、あ、さらばさんが自分のことを気にかけてくれているとは?!?!!!?!とか、ネタ見たいって思てもらえたんや!?!!?!?とか、そういうのがほんまに全部、ほんまに、めちゃくちゃ嬉しかった!!!!!たぶん、お客の皆さんは私ことだけ知らんやろうなあという、そうそうたるみなさんの中でネタをやらせて頂きました。そらもう、最高の続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』 [...]
2019年7月05日(金)
Source 地球ブログ

ヒコロヒー YouTube 動画

ヒコロヒー Instagram

コメント書込

  コチラの芸人さんもオススメ

ほたるゲンジ
ほたるゲンジ

ほたるゲンジ メンバー 無法松 よみがな:むほうまつ 本名:塩坂倫之 生年月日: …

ジョリー惑星
ジョリー惑星

ジョリー惑星 メンバー フラポテおおた よみがな:ふらぽておおた 本名:太田小百 …

巨匠
巨匠(解散)

巨匠 メンバー 岡野陽一 よみがな:おかのよういち 本名:岡野陽一 生年月日:1 …

クロスバー直撃
クロスバー直撃

クロスバー直撃 メンバー 前野悠介 よみがな:まえのゆうすけ 本名:前野悠介 生 …

厚切りジェイソン
厚切りジェイソン

厚切りジェイソン 本名:ジェイソン・ダニエルソン 生年月日:1986年4月9日 …

ヒコロヒー オススメ商品