お笑い芸人大百科

芸人さんを応援❗ネタ動画・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

ヒガシ逢ウサカ さん

ヒガシオウサカ

ヒガシ逢ウサカ


ヒガシ逢ウサカ メンバー

今井将人

よみがな:いまいまさと
本名:今井将人
生年月日:1987年4月6日
血液型:A型

高見雄登

よみがな:たかみゆうと
本名:髙見雄登
生年月日:1984年9月16日
血液型:B型

ヒガシ逢ウサカ Twitter

ヒガシ逢ウサカ Blog

ヒガシ逢ウサカ高見のブログ

  • ちょっととって
    on 2017年4月14日 at 06:09

    NGKでショートコントの出番が終わり、ぼくのその日の衣装は、私服から上のTシャツを着替えていただけなので、向かいの漫才劇場の楽屋にもどってから着替えることにしました。NGKの楽屋に入るには、靴を脱がないといけません。ぼくはハイカットのスニーカーをはいていたので、脱いだりはいたりするのに、ちょっと時間がかかります。楽屋に入って着替えを取るだけなのに、靴を一回脱いで、そしてまたすぐはく。それを、少しめんどくさいと思ってしまいました。そこで、ちょうど出番がいっしょだった同期の霜降り明星せいやくんが楽屋に入っていったので、楽屋からぼくの着替えだけをとってもらおうと頼みました。「せいや、ごめん、おれの荷物とってもらっていい?」「ええで」「そこにかかってる赤いチェックのシャツ」「ああこれ?」「そう、ほんで、その向こうの黒いヒートテック」「おん」「そや!あと、そこの机のとこにおれのケータイあんねんけど…」「おまえ多いって!ぜんぜんちょっとちゃうやん!」せいやくんに怒られました。「ちょっと取ってって時、だいたいひとつちゃう!?おまえもう3つもあるやんけ!多いって!」周りの先輩からも「多い」「たしかに多い」と指摘されました。ぼくの横着な性格が出てしまって、せいやくんに迷惑をかけてしまいました。せいやくんに頼みすぎました。せいやくん、ごめんなさい。せいやくんは出ませんが、こちらのライブ、来てください!ぜったい来てください!4/19(水)『オウサカアフロブラザーズ』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカネイビーズアフロビスケットブラザーズ前売り1200円5/31(水)ヒガシ逢ウサカ単独ライブ『ヒガたん』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカ前売り1200円チケットよしもとhttp://yoshimoto.funity.jp 

  • おいでやす小田さんと滋賀レイクスターズ
    on 2017年4月13日 at 05:45

    ヒガシ逢ウサカは滋賀レイクスターズの応援隊をやらせてもらっています。試合前の応援練習などを盛り上げるお手伝いをさせてもらっているのですがたまにゲストで他の芸人さんがきてくれる時もあります。先日は、先輩のおいでやす小田さんが来てくれました。応援練習の際に、メインスタンド側とバックスタンド側に分かれて観客のみなさんと応援コールの声出しをします。チームでは、決まったコールが何通りかあります。ぼくたちは何度も来ているので、それを全部知っているのですがゲストの小田さんは何も知りません。そこで、「小田さん、片側は今井ひとりにまかせて、ぼくが横について一緒に声出しやらせてもらいましょうか?」と提案しました。「助かるわ、そうしよう。」小田さんもそれがいいと同意してくれました。そして本番。アリーナDJの仙谷さんが仕切って、応援練習がはじまりました。「それでは、メインスタンドはおいでやす小田!バックスタンドはヒガシ逢ウサカ!」ぼくは、その指示通りにバックスタンド側に移動しました。仙谷さんの指示にいったん従って、頃合いをみて小田さんの側に戻ってこようと思っていたのです。コート上は広いので、離れていると、マイクを通してしか会話はできません。ぼくは「すぐ戻って来ますから安心してください!」と心の中で思いながら、小田さんに微笑みかけました。小田さんは「あれ?お前そっち行くん?」の顔をしてました。応援練習がはじまると、メインスタンドとバックスタンドの声出しのターン交代のテンポがぼくが思ったよりも速いことに気がつきました。そして、ぼくは小田さんのいる方へ帰るタイミングを完全に失ってしまっていました。会場のスピーカーからは、反対側にいる小田さんの声が全く聞こえてきません。当然です。小田さんはコールを何も知らないのです。口をモゴモゴさせながらコールを言ってる感を出してはりました。そして、コートの反対側にいるぼくの方を向いて「信じられへん」の顔をしてはりました。応援練習の出番が終わり、楽屋に戻りました。「ぜんぜんええねんけど」小田さんの口が開きました。「いっしょにやる言うてくれたやん。なんで裏切るん?いやぜんぜんええねんけど。やらへんねんやったら、本番前なんであんなこと言うたん?」「すいません、いや、ちがうんです、タイミングを失って…」「いやぜんぜんええねんで?本番前にあんなこと言うてなかったらぜんぜんええねん。でもあんなこと言うてたのに、おれのこと完全に見捨ててたからほな高見なんであんなこと言うてたんやろ?ってビックリしてもうてん」コートの反対側の小田さんの「信じられへん」の顔は当分忘れません。小田さん、本当にすいませんでした。4/19(水)『オウサカアフロブラザーズ』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカネイビーズアフロビスケットブラザーズ前売り1200円5/31(水)ヒガシ逢ウサカ単独ライブ『ヒガたん』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカ前売り1200円チケットよしもとhttp://yoshimoto.funity.jp 

  • サトミさん
    on 2017年4月12日 at 03:42

    ちょうど1か月前の話です。その日に勢いのまま書いたものをそのまま載せます。最後に告知がありますので、よろしくお願いします。‪「夜中の3時。バイトからの帰りしなに髙島屋の前で道を聞かれた。‬‪岡山から出てきてお金をだましとられて、1円もないけど、長居公園のホテルまで行かないといけないとのこと。‬‪その人を自分の家の近所まで一緒に歩いて、そこからタクシー拾ってお金を渡して、乗ってもらった。‬‪岡山から今日(3/11)長居公園で開催される東北支援のボランティアのイベントに参加しに来たとのこと。‬‪震災の日、宮城県に住んでいて、島に残されて、一緒にいた48人全員が波に流され漂流して、タンカーに拾われて、見知らぬ国にたどり着いたらしい。‬‪そこで4年過ごして、去年たまたま写真を撮影しに来た大学の教授に発見されて帰国したらしい。‬‪ただ戸籍上は死亡扱いになっているとのこと。‬‪なにか話を聞くたびに「まあ私死んでるんだけどね」というキメ台詞を言う。‬‪霊視ができるらしく、震災前はそれがお仕事だったとのこと。‬‪(霊視で、友人の遺骨を発見したらしい。)‬‪宮城県で住んでいた土地は今は国有地になっており、現在は実家があった岡山に戻って、ぶどうなどを育てながら、シルバーアクセサリを作っている。‬‪そのシルバーアクセサリを明日は売ったりするみたい。‬‪(そのアクセサリーで出店しないかと言う詐欺話に乗っかって旅費を全部騙し取られたんですって)‬‪15歳から23歳まで女優志望で活動していて、そのあと、F1レーサーを目指してオーストリアで国際ライセンス1級を取得したが、女性はF1レーサーになれないことをそこで教えられて断念。‬‪ある芸人さんと知り合いで、先月の26日はNGKの舞台を観に行って楽屋挨拶までしたとのこと。‬‪(胸にGUESTのシールを貼って3階の楽屋に行った、らしい。これは本当にNGKに出入りしないと知ることのないこと。)‬‪そんな、岡山から来た「サトミさん」を道案内しました。‬‪最後に連絡先教えて、自分が芸人であることを告げた。‬‪「またぼくらの舞台も観にきてくださいね」と言ったら「また連絡するわ!まあ私死んでるんだけどね」と言って、握手してタクシーに乗っていった。‬‪へんな体験すぎてちょっと今パニック状態なので、とりあえず書き記しました。‬‪なんやこれ…‬」あれからひと月、サトミさんからの連絡はありません。サトミさん、もしこのブログ見てたら、ぜひぼくらのライブみにきてください。4/19(水)『オウサカアフロブラザーズ』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカネイビーズアフロビスケットブラザーズ前売り1200円5/31(水)ヒガシ逢ウサカ単独ライブ『ヒガたん』開場20:45/開演21:00(22:00終演予定)@よしもと漫才劇場出演ヒガシ逢ウサカ前売り1200円チケットよしもとhttp://yoshimoto.funity.jp 

  • クリスマス
    on 2015年12月26日 at 01:18

    クリスマスディナーは、なか卯でした。店員のズォンさんに「ごずっくりどうぞ」と言われました。「ずっくり」ってどうやったらええねん!と思いながら牛丼を食べました。牛丼を食べながら、来年はステキな女性とクリスマスを過ごしたいと思いました。

  • 忘却の彼方より
    on 2015年7月19日 at 04:33

    小学校3年生の時。「明日は遠足やから、いろいろ準備忘れてこないようにねー!」「そんなん忘れるわけないやん、先生!」アハハハハ!…という会話が、おわりの会であったかどうかは定かではありませんが、その日ぼくは、明日の遠足のために、どんなお菓子を買おうか、とか、バスで車酔いしなければいいな、とか、期待と不安を胸に、通学路をいつもより早足でさかのぼり、家に帰ったはずです。「お母ちゃん!明日の遠足のお菓子買いに行くから、お金ちょうだい!」と言ったぼくに、お母ちゃんの返事は、「何言うてんの?明日、遠足ちゃうで?」「え…?」「見てみ」と言われるがまま、お母ちゃんが指差したカレンダーを見ると、そこには翌日ではなく、その次の週のある日に丸が印ついていて、「遠足」と書かれていました。「あんた何かんちがいしてんの!?お菓子買いたいからうそついてんちゃう?」そんなうそつくかい。「ちゃうよ!先生明日て言うてたもん!」「なんか聞き間違えたんちゃう?」絶対言うてたもん。「だってお母ちゃん、学級通信に書いてた日付、ちゃんと全部カレンダーに写してるねんもん!なんか、他のちがう行事のこと言うてはったんちゃう?」そんな息子疑う?「でも…先生…遠足って言うてたで…?」「明日体育あるから、それ言うてはったんちゃう?」「え…?…そうなん…?」その後も、母親から強気で「絶対に明日は遠足では無い」と言い続けられた結果、おわりの会での先生の言葉は、自分の聞き間違いではないか?という思いが、どんどん大きくなっていったのでした。そして、ぼくはランドセルに翌日の時間割通りの用意をして、その日は寝たのです。翌朝、いつも一緒に登校するケイゴ君が「おはよ~」と、ランドセルではなく、リュックサックを背負って我が家の玄関に現れた瞬間、地獄が始まりました。「せやから言うたやああああああん!!」大泣きするぼく。「だってカレンダーにちゃんと書いたって思てたから!!!」大声で言い訳しながら、電話でケイゴ君のお母さんに確認を入れるお母ちゃん。此の期に及んで、まだカレンダーちょっと信じてるやん。ほんでその確認の電話、なんで昨日してくれへんかったん。泣くぼく。電話する母。居場所のない、ケイゴ君。「お菓子もお弁当もなんもないいいいいい!!!!」「ケイゴ君!!お菓子一個あげて!!!」遠足の楽しみを、急にカツアゲされるケイゴ君。リュックサックをゴソゴソさぐり、いちばんおっきい「おっとっと」をくれるやさしいケイゴ君。「それ持ってとりあえず学校向かいなさい!バス行ってまうから!お弁当は後で届けるから!」ぼくは、おっとっと一箱だけを持って、泣きながら家を出ました。自分の言うことを少しも信じてくれず、予定を写し間違えたカレンダーを信じ続けたお母ちゃん。そんなお母ちゃんを信じた素直すぎる自分。その横を歩きながら、我慢できずにちょっと笑ってもうてるケイゴ君。通学路を進みながら、この世の全てを怨んでいたと思います。その後、バスが出発する直前に、お母ちゃんはお弁当を持って現れました。ケイゴ君のお母さんから、お弁当のおかずのあまりを分けてもらって作ったお弁当でした。お弁当を受け取ったぼくは、まだ泣いていたそうです。そらそうやろ!!!!かわいそうすぎるやろ!!こないだ実家に帰った時に、母親から聞かされて思い出した話です。きっと、悲しすぎて、悔しすぎて、脳が忘れてくれていた思い出です。

  • ボーイスカウト
    on 2015年7月14日 at 19:54

    小学校2年生から、中学1年生くらいまで、ボーイスカウトをやっていました。ビーバースカウトから始めて、カブスカウト、ボーイスカウトとやっていました。(学校での学年が進級するにつれて、所属するグループ?が変わるのです。高校生とか大学生になると、シニアスカウトとかローバースカウトとかになります。)ボーイスカウトではいろんなことを教わりました。キャンプでのテントの立て方とか、火のおこし方、ロープワーク、手旗信号、方位磁針の使い方や、首に巻く「チーフ」を、いかに細く巻くかなど。チーフは細ければ細いほどカッコイイと、ぼくのいた団では教えられました。(地域や主催している団体によって、活動しているボーイスカウトは「団」に分けられていました。)それと、「カブ弁」という、ボーイスカウトならではのおにぎりも知りました。歩きながらでも食べられるようにと、おにぎりの中におかかや昆布だけでなく、ウィンナーやトンカツなど、お弁当のおかずになるような具材を入れたり、まわりをうす焼き玉子で巻いたりするのが「カブ弁」でした。当時コンビニでは、普通のおにぎりしか売られていませんでした。最近のコンビニに並んでるいろんな種類のおにぎりを見ると、ぼくはカブ弁を思い出します。(ちなみにこの「カブ弁」は、ビーバースカウトやボーイスカウトが持っていても「カブ弁」です。なんでこれだけカブスカウトが基準なん?)あとは、エッチな下ネタと敬語も先輩から教わりました。ボーイスカウトは、小5くらいから中学の先輩と一緒に活動するので、ぼくは学校の周りの友達よりもこの2つを、かなり早い時期に覚えました。(エッチな下ネタを教わって性的な好奇心の目覚めは早かったのに、24歳まで女性と付き合えないという生き地獄が人より長く続くなんて、この時のぼくはつゆ知らず。)ぼくがボーイスカウトに入って、ハヤブサ班に班分けされて、そこの副班長にアツジさんという方がいました。アツジさんは、背が高く、メガネをかけていて、髪型はもさっとしていて、声は低く、全然かっこよくない人でした。でも、後輩の中でもおとなしいぼくに、気さくに声をかけてくれる人でした。ハヤブサ班の班長は、リーダーシップもあって、物知りでしっかりしていて、しゃべり方もかっこいい感じでしたが、ぼくは副班長のアツジさんの方が好きでした。アツジさんは、つねに、やわらかいというか、攻撃的でないのです。ちょっと不良ぶって、なにか悪さをするということもないし、後輩のぼくらが、ロープワークとかで何かわからないことを聞いたら、「おれもそれわからへん」と素直に答えて、周りにバカにされても、怒らない人でした。アツジさんのことで、印象的に覚えてることがあります。その日の活動は、どこかの山道を、チェックポイントを通過しながら、目的地まで歩いていくというハイキングでした。スタートからしばらく歩いた途中、ちょっと開けた場所に出たので、ぼくらの班は最初の休憩をすることになりました。みんなでお茶を飲んでいるとアツジさんが、急に、「もう我慢でけへん」と言って、お昼の休憩に食べるはずのカブ弁をハバザック(ボーイスカウトのリュックサック)から取り出して、バクバク食べだしました。その「もう我慢でけへん」という、決して大きくない、ボソッとしたつぶやき程度のアツジさんの声には、ケロッグのCMの「もう我慢できない!」とは比べものにならないほどの、熱量がこもっていました。でっかいカブ弁に必死にかぶりつくアツジさんの姿は、普段のアツジさんからは想像もできないほど情熱的で、野性的でした。ぼくはそれが、おかしくて仕方なくて、めちゃくちゃ笑ってしまいました。最初の休憩で、もう昼ごはん食べてはるやん。「アツジさん、早すぎですよ!」必死でカブ弁を食べるアツジさんに、笑いながら、思わず一言。これがぼくの人生初めての敬語ツッコミです。なんの話やこれ!

  • カラオケ
    on 2015年7月14日 at 05:27

    カラオケが好きです。歌は上手じゃありませんが、歌って楽しい気分になるとか、音楽が流れてて心地よいとか、そういう感覚が自分は、人一倍強いなあと思います。好きな音楽が流れたり歌われたりしていたら、もうそれには抵抗できない、お手上げで参加するしかないな~と思います。昨晩、自分の中のそういう衝動が急に強くなって、抑えられなくなり、はじめて「ひとりカラオケ」に行こうと思いたちました。(夜中に、急に「カラオケ行こうぜ」と誘える人が、どんどん周りに減っていくのが30歳)しかし、受付で店員さんに「何名様ですか?」と聞かれ、「ひとりです」と答えた時に、どんなリアクションをされるのか、とか、ドリンクバーにおかわりに行く他のお客さんが、ふと部屋をのぞきこんだら、メガネかけたおじさんがひとりで熱唱しているのを見て、何て思うのだろうか、などを考えてしまって、お店の前でうつむいていたら、救世主が現れました。同期のマユリカ中谷と、ビスケットブラザーズ原田です。彼らのおかげで、カラオケは楽しく…なるはずないやろ!!!気色悪い!!!!!こんなんやったら勇気出してひとりで行ったらよかった!

  • エイジ・オブ・ウルトロン
    on 2015年7月11日 at 02:23

    明日からラジオ新番組と言うことで、心機一転しようとお部屋の掃除していたら、こんな時間。場所はコインランドリー。はよ寝な!今日は男性ブランコの2人と「アベンジャーズ/エイジ・オブ・ウルトロン」を観てきました。始まってすぐの戦闘シーンで、敵を倒しながら林の中を猛スピードで進んでいくアベンジャーズが、木か何かの障害物を飛び越える時に、みんな一瞬だけスクリーン内に勢ぞろいする瞬間があって、たまらなくカッコよかった!映画の度に、1号から最新のやつまで、横一列に棒立ちで勢ぞろいしてしまう仮面ライダーのみなさんに、ぜひとも見習ってほしいシーンでした。(あれはあれで見応えありますけど。)写真は、おとといシューマイを食べに行った時のものです。

  • ヒガシ逢ウサカのガチャガチャラジオ!
    on 2015年7月7日 at 23:19

    今週7/11(土)から「ヒガシ逢ウサカのガチャガチャラジオ!」がはじまります!FM79.2で11:00~13:00から2時間の生放送!新コーナーも盛りだくさんご用意しました!ここで紹介させていただきます!まずは毎週のレギュラーコーナー!「愛のままにわがままにぼくの言葉だけを聞いてほしい」【お便り募集あり】いろんなシチューションで、ふだんは言えない「歯が浮くようなはずかしいセリフ」をリスナーにかわって、今井が言ってくれるコーナーです。来週募集するシチュエーションは、『彼女に「仕事と私、どっちが大事?」と聞かれた時に返す一言』です!恥ずかしければ恥ずかしいほど歯が浮いてしまうということで、「歯」ポイントを差し上げます!「歯」をためると特別なプレゼントがもらえます!みなさんのメールお待ちしております!お便りの宛先は m@792.jp です!そして、週替わりの5つのガチャガチャコーナー!!「ヒガシ先生のカウンセリングルーム」【お便り募集あり】リスナーのみなさんのお悩みを、直接お電話で解決するコーナーです!どんなお悩みでも解決してみせます!みなさんからのお悩みメールお待ちしております!(採用された際、お電話でラジオ出演していただきます。)「高見ナックルズ」【お便り募集あり】しっかりしてそうで、実は猟奇的な高見の目撃情報を募集します。芸人仲間のみなさんから「高見が◯◯してた!びっくりした!信じられない! 」というような、エピソードをお待ちしております!もちろん、リスナーのみなさんからの高見の目撃情報もお待ちしています!「高見vs今井!炎の対決!」高見と今井がガチ対決!負けた方には罰ゲームが!どんな対決をするのか?どんな罰ゲームを相手に与えるのか?お楽しみに!「5年4組マサトくん日記」今井がいろんなところに行ってきたことを日記にして発表します。みんなでマサトくんの発表を聞いてあげてください!「ヒガシ逢イデア」ヒガシ逢ウサカが、日本のために、世界のために、世の中をよりよくするためのいろんなアイデアを出そうというコーナーです!みなさんじっくり聞いてください!以上でございます。すべてのお便りの宛先は m@792.jp です!高見ナックルズのコーナーだけは不本意!!!こういう感じでみんなで仲良く、楽しく聴いてください~アリオ八尾での公開収録生放送なので、スタジオ前まで来て聴いてくれたらとても嬉しいです!

  • バチボコ!!
    on 2015年7月6日 at 21:54

    昨日は、新ネタバトルライブ「バチボコ!!」でした。ヒガシ逢ウサカは23組中20位という結果。悔しかった…!本当に悔しかった!しかしながら、これなんですよ!次の日になっても、頭の中でピリピリ残っているこの悔しさを感じるバトルが!劇場には、バトルが必要なんですよ!次回があれば絶対勝つ!1位とりますので、ぜひ見に来てください!リベンジ!!戦いの前の緊張感。戦いの後は、ノーサイド。

ヒガシ逢ウサカ YouTube 動画

ヒガシ逢ウサカ Instagram

コメント書込

  コチラの芸人さんもオススメ

安田大サーカス
安田大サーカス

安田大サーカス メンバー HIRO よみがな:ひろ 本名:廣瀬康幸 生年月日:1 …

ピンタンパン
ピンタンパン

ピンタンパン メンバー たんちゃん。 よみがな:たんちゃん本名:生年月日:199 …

デンキスタンド
デンキスタンド(解散)

デンキスタンド メンバー 渡邉沙織 本名:渡邉沙織 生年月日:1989年1月26 …

このみ
このみ

このみ メンバー 村田千鶴 よみがな:むらたちづる 本名:村田千鶴 生年月日:1 …

おとぎばなし
おとぎばなし

おとぎばなし メンバー 花里茂晴 よみがな:はなざとしげはる 本名:花里茂晴 生 …

ヒガシ逢ウサカ オススメ商品