お笑い芸人大百科

芸人さんを応援❗ネタ動画・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

セクシーチョコレート(解散) さん

セクシーチョコレート

セクシーチョコレート


CIA, FBI

セクシーチョコレート メンバー

デンジャーD

本名:非公表
生年月日:1990年1月5日

REINA

本名:非公表
生年月日:1988年4月20日

セクシーチョコレート Twitter

セクシーチョコレート Blog

REINA Official Blog

  • 10キロマラソン
    on 2020年1月25日 at 10:11

    Good morning!久しぶりの10キロマラソン…たった今、無事完走しましたI hadn't run a 10K in awhile, but just now, I finished one without injury or incident (phew)!皇居を2周するコース。幸いにも雨は降らなかったので、気持ちよく走れました。The course was 2 laps around the imperial palace. Thankfully, it didn't rain, so the run was very pleasant.タイムは53:20で、PB更新できませんでしたが、スタート時のペースを落とさず完走できただけで大満足ですMy time was 53:20. I couldn't run a PR (p続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • オーストラリアを訪れて感じたこと
    on 2020年1月16日 at 18:14

    Hello everyone! Happy Thursday. 去年の年末に6日間、パートナーの母国でもあるオーストラリアのメルボルンを訪れましたが、その際に感じたことや気づいた点について、今日はシェアしたいと思います。At the end of last year, for six days, I visited Melbourne in Australia, where my partner is from. Today, I'd like to share what I felt and realized while on this trip. 私は新しい国を訪れる時には、必ずこの本をチェックします - 「When Cultures Collide」。著者のリチャード・D・ルイスは長年の経験と研究を基に、世界中の国々の文化や歴史、国民性や価値観などを分析しています。Whenever I visit a new country, I always check this book called "When Cultures Collide." Based on his many years of experience and research, the author, Richard D. Lewis, analyzes the cultures, histories, national characteristics, and values of countries across the world. 主にビジネス目線で書かれていますが、各国の一般的な価値観や文化的タブー、コミュニケーションスタイルについて細かく書かれているので、海外旅行用にも重宝しています。It is written primarily from a business perspective, but it also details each country's general values, cultural taboos, and communication style, so I greatly value this book for my overseas travels. 旅立つ前にオーストラリアのチャプターを読んだんですが、特に興味深かった点が:I read the chapter on Australia before I left, and I found the following points to be especially interesting: オーストラリアは比較的に「階級のない社会」と言われているが、文化的にも人種的にも多様で、社会構造は変化し続けている。Australia is described as a relatively "classless society," but it is culturally and ethnically diverse, and its social fabric is continuously changing.オーストラリア人の気質で「mateship」という独特の概念がある。知らない人でも困っていたら助ける、暖かく接するという、支え合い、助け合いの精神を指す。男性同士では赤の他人でも「Hey, mate!」と挨拶しあったり、立場やステータスなど関係なくフレンドリーに接し合う。 (*mate = 仲間)A unique character of Australians is something called "mateship." It points to a spirit of supporting and helping each other; one would help a stranger if he/she is in need of aid, and people interact with each other warmly. In particular, men often greet each other with, "Hey, mate!", even if they are meeting for the first time, and they are friendly toward each other regardless of position or status.日本のような「こういう時はこうする、こう言う」という、明確に定義された言動のルールや社会的マニュアルはないので、会話や交流は常にダイナミックであるけれど、どこに向かっているのかを予測することが難しい。Compared to Japan, in Australia, there are no clearly defined behavioral rules or social manual that dictates "do/say this in this kind of situation." This means that conversations and interactions are dynamic, yet it can be difficult to predict where they are heading.オーストラリア人は自虐的ユーモアを好む傾向があるが、他人に批判されることは好まない。褒められることも苦手で、謙虚。シニカルな人が多い。Australians tend to favor self-deprecating humor, but they dislike being criticized by others. They also prefer not to be praised; they are modest. Cynicism is common. 実際にメルボルンを訪れて、「mateship」を確認し、体験することができました。After actually visiting Melbourne, I was able to confirm and experience "mateship." Uberに乗ればドライバーが必ず「Hi, love!」や「Hey, mate!」と挨拶をし、「今日何するの?」とか「ディナーの予定は?」など、パーソナルな質問を聞き、「自分は今日〇〇をしたんだよ…」と話し始めるので、フレンドリーさにびっくりしました。Whenever we got an Uber, the driver always greeted us with a "Hi, love!" or "Hey, mate", followed by pretty personal questions like, "What are your plans today?" or "What are you guys doing for続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • 去年の振り返り、新年の抱負
    on 2020年1月8日 at 14:53

    遅くなりましたが、明けましておめでとうございます!A belated Happy New Year to you all! 皆さんはどうやって去年を振り返り、新年の抱負を決めていますか?How do you reflect on the previous year and set your new year resolutions? 今年は友達に勧められて、Year Compassという、2012年にハンガリーで生まれ、現在は39カ国語に訳されている年間計画ブックレットを使ってみました。At the recommendation of a friend, this year, I tried using a yearly planning booklet called Year Compass, which was made in Hungary in 2012 and has now been translated into 39 languages. 20ページのブックレットには様々な質問があり、ゆっくりと時間をかけて答えていきます。In the 20-page booklet, there are various questions, and it asks that you take your time answering each one. 前半は一年を色々な側面から振り返るための質問。The first half has questions that help you reflect on the past year from different perspectives. 後半は新年の願いや希望、目標を立てるための質問。The second half has questions that help you set your wishes, hopes, and goals for the new year. 「最低3時間は掛かります」と最初のページに書いてあり、絶続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • Christmas Eve
    on 2019年12月31日 at 13:53

    Happy Tuesday! How are you? 昨日の朝、日本に戻りました。I returned to Japan early yesterday morning. メルボルンは真夏で、毎日25度~30度だったので、東京の寒さが身にしみます。It's the middle of summer in Melbourne, with temperatures in the 25 to 30 degrees range, so Tokyo's cold weather is piercing. メルボルンではパートナーの家族とクリスマスイブを過ごしました。In Melbourne, I spent Christmas Eve with my partner's family. オーストラリア人はアクティブで、外に出て体を動かすのが好きな人が多いというのが私の印象です。My impression is that Australians are active people, many of whom enjoy engaging in physical activities outdoors. パートナーの家族は集る度に、クッブ(Kubb)というスウェーデン発祥の薪投げゲームを遊びます。Every time my partner's family spends time together, they play a Swedish game called Kubb that involves throwing wooden blocks. ルールは結構簡単なんですが、私は初めて遊んだので慣れるのに時間がかかりましたThe rules are quite simple, but it took some time for me to get used to the game since I had never played it before. 日本にも「クッブ協会」があるようですね!興味のある方は、日本クッブ協会のウェブサイトにクッブの概要やルールの説明が書かれているので、是非チェックしてみてください。There appears to be a Kubb Association in Japan! If you are interested, the summary and rules of Kubb are explained on their website, so do check it out. 外でクッブを遊んだあと、プレゼント交換をしました。After playing Kubb outside, we exchang続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • Vacation!
    on 2019年12月23日 at 20:03

    Hi all!これから6日間、オーストラリアに行きますI'm off to Australia for 6 days!空港で色々あり、かなりバタバタしましたが、詳細はまた今度…I had a few issues at the airport that made me a bit frantic, but I'll share details at a later date.今、ゲートにいて、まもなく搭乗です。I'm at the gate now, and we're boarding 続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • Bucket List (死ぬ前にやりたいこと)
    on 2019年12月17日 at 22:07

    Hey! How's your week so far?いきなりですが、皆さんは、死ぬ前にやっておきたいことや達成したいことってありますか?I know this is quite sudden to ask, but do you have anything you want to do or achieve before you die?それらを書き留めて、リスト化したことはありますか?Have you ever written these things down and made them into a list?英語では「死ぬこと」を「kick the bucket (バケツを蹴る)」と表現し、「死ぬ前にやりたいことリスト」を「バケット(バケツ)リスト (bucket list)」と言います。In English, we say "kick the bucket" as a euphemism meaning "to die," and we call the list of things we want to do before we leave this earth a "bucket list."私は何年か前からバケットリストをエクセルシートにまとめ、管理していました。For several years, I've been keeping track of my bucket list in an excel sheet.2019年ももうすぐ終わるので、リストを久しぶりに開き、2020年に達成したいことは何なのか、考えてみました。Since 2019 is almost coming to an end, I recently opened the sheet for the first time in a while, and I thought about what I want to achieve in 2020.死ぬ前にやりたいことを「趣味」や「仕事」などのカテゴリー別に書いているのですが、一番多いカテゴリーが、「TRAVEL(旅行)」です。I've written the things I want to do before I die and sorted them by category, such as "hobby" and "job." I realized that "travel" is the most numerous category. 南アフリカ・ポート・エリザベス (Port Elizabeth, South Africa) イラク・カンディル山脈 (Qandil Mountains, Iraq) 何年か前までは、毎年4~5回、行ったことのない国への海外旅行やバックパッカーの旅に出かけてたのが、最近は仕事や私生活が忙しくて、年に1回行ければいいや、と思うように。Up until a few years ago, about 4 to 5 times a year, I traveled overseas or backpacked to countries I'd never visited before. But recently, my work and my life have been so busy that I've become satisfied with just a once-a-year overseas trip. イラク・アルビール (Erbil, Iraq) モロッコ・マラケッシュ (Marrakesh, Morocco) モロッコ・ラバト (Rabat, Morocco) でも振り返ってみると、行ったことのない国を訪れることによって、様々な文化や価値観、習慣に触れることができ、貴重な体験を通して色々な気づきがありました。But looking back, by visiting countries I'd never visited before, I was able to come into touch with different kinds of cultures,続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • プレゼント交換!Secret Santa/Kris Kringle
    on 2019年12月9日 at 18:52

    Hello! How are you today? 今日はとても寒いですねThe weather today is so cold. 本日もTOKYO FM「高橋みなみのこれから、何する?」を聴いてくださった方は、ありがとうございました。Thank you to those who listened today to the Tokyo FM radio show that I'm on. さて、突然話が変わりますが、もうすぐクリスマスですね!By the way, sudden change of topic, but it's almost Christmas! 今年は私はパートナーの母国、オーストラリアのメルボルンに行き、パートナーのご家族と祝う予定です。This year, I plan to celebrate Christmas with my partner's family in Melbourne, Australia, which is where he's from. 先日、パートナーの甥っ子さんからメールが来て「クリス・クリングルだけど、Reinaの相手は〇〇ね」との連絡が。The other day, I received an email from my partner's nephew saying, "About Kris Kringle...you have XXX." なんのこっちゃわからず、パートナーに確認したところ、「僕の家族は一人ひとりにプレゼントを買わずに、誰が誰にプレゼントを買うのか事前に決めて、プレゼント交換をするんだよ」とのこと。I had no idea what he was talking about, so I confirmed with my partner, who told me that his family members don't get gifts for every member of their family; instead, it's decided beforehand who is getting a gift for whom, and then they exchange gifts. アメリカではよく「シークレット(秘密の)サンタ」と言われるんですが。パートナーのお母さんはドイツ系オーストラリア人で、ドイツではサンタのことを「クリス・クリングル」と言うそうです。In the U.S., we often call this "Secret Santa." My partner's mother is German-Australian, and apparently, this practice is widely known as "Kris Kringle" in Germany. シークレット・サンタのルールは簡単で、参加者の名前を書いたクジを皆で引いて、そのクジに書かれた人に、事前に決められた予算内でプレゼントを買います。The rules of Secret Santa are simple. The participants get together to draw names, and they each get a gift for the person whose name they drew. The gift has to be within the pre-determined price limit. 当日は代表者が皆からプレゼントを集め、カードに書かれた宛名にプレゼントを配るという仕組みです。On the day of, the person in cha続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • What I'm Reading Lately
    on 2019年12月5日 at 11:26

    Happy Thursday! コメント、いつもありがとうございます。読んでいて、とても興味深かったです。Thank you as always for your comments. It was very interesting to read them. 「日本は村社会で、日本人は集団主義」という考えも背景にありつつ、このステレオタイプも変わってきているのでしょうか。"Japan is a 'village society,' and Japanese people are collectivist." Though this idea continues to exist in the background, perhaps this stereotype is changing. アメリカは個人主義社会とよく言われますが、政治的、経済的、社会的に不安定な今、人々は調和を求め、集団をつくる傾向が強くなっています。The U.S. is often characterized as an individualistic society, but today, as the country is experiencing political, economic, and social instability, there is a stronger tendency for people to seek harmony and congruence with others and form groups. これからの大変革の時代、国民性も変わりつつあり、でもその根っこにある価値観や歴史的な、社会文化的な思想は進化するのか、するべきなのか。引き続き、考えていきたいと思います。As we enter an era of massive transformations, the characteristics of a nation's citizens are changing, but will the values and historical, social, and cultural ideas that are at their root evolve -- and should they? I want to continue to think about this. さて、話が変わりますが、この前「毎週一冊本を読む!」と宣言しましたが、仕事が忙しく、やっぱりこのペースは厳しいですねOn a different note, the other day, I declared that I will read one book every week, but work has been busy, and I've realized that this pace is not feasible. なので目標を「毎月2冊は読む」に変えて、昨日からこの本を読みはじめました。So I changed my goal to "read 2 books every month," and I started reading this book yesterday. なぜ成功する人もいれば、努力をしても自分の潜在的能力を十分に発揮することができない人もいるのでしょうか?本書は、成功の秘訣を、様々な要因を分析しながら紹介します。Why are there people who succe続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • Controlling Expectations (期待値コントロール)
    on 2019年12月3日 at 18:20

    Hi, how are you? I hope you're having a good week. 最近、ちょっと困ることが起きています。Recently, there's been something that's been bothering me. 普段、自転車をマンション内にある駐輪所に置いておくのですが、後でまた買い物に行ったり、自転車を利用するとわかっている時はまた中に入れるのが面倒なので、外にある駐輪エリアに置いておきます。Usually, I store my bike in the parking area for bikes inside my apartment complex, but whenever I know I have to use it later, like for grocery shopping, I keep it in an outdoor parking area because it's a bit of a pain to bring it back inside again. ここ最近、自転車のかごにカバーがあるにも関わらず、ビールの空き缶をわざわざかごのカバーを開けて、かごの中に入れる人がいます。Lately, despite the fact that there is a cover on my bike basket, there is someone who goes through the trouble of opening the cover and places empty beer cans in my basket. かごにカバーをつけたのも、過去に2、3回空き缶を入れられたからだったのに、カバーがあってもまさか開けられるなんて…。The reason I put a cover on my basket in the first place is that 2-3 times in the past, someone had put empty cans in my basket. I can't believe someone would actually open up the cover to do this... カバーを開けてビール缶が2つあるのを見て、あまりにもショックで、頭に血が上り、怒りを感じました。When I opened the cover to find two beer cans there, I was so shocked that I felt my blood boiling...I was fuming. その時は「犯人を絶対につかまえてやる!」と、怒りをコントロールできず、監視カメラを置こうかとか、ねずみ捕りをどうにか使おうかとか、テープを貼って指紋を採取しようとか、笑…冷静になった今、片腹痛い考えですAt that moment, I couldn't control my anger and vowed to catch the perpetrator. I brainstormed how to do this, like setting a hidden camera, using mouse traps somehow, placing tapes around the basket to get fingerprints, lol...ridiculous and absurd ideas, now that I've calmed down. アメリカに住んでいる時は、小包をアパートの前から盗まれたり、メールボックスに入った雑誌が盗られていたり、自転車に落書きされたり、ニューヨークのカフェに座っていたら時間を聞かれ、腕時計を見た瞬間に財布をとられ、追いかけるはめになったり…。When I was living in the states, I've gotten packages stolen from in front of my apartment, magazines taken from my mailbox, graffiti on my bike...and once, I was sitting in a cafe in NYC when I was asked what time it is, and the moment I looked at my watch, the man stole my wallet and I had to chase him down. 日本に比べると、アメリカでは人々は基本的に自分中心に自由に生きていて、もちろん社会のルールに従う人もいるけれど、それが当たり前ではないというのが現実。Compared to Japan, in the U.S., people generally live freely with their self-interest as the driving factor, so although there are of course people who abide by society's rules, the reality is that this is not a guaranteed norm. 自己責任型社会だからこそ、常に何か悪いことが起こるかもしれないという「危機感」を抱きながら、そして、何か悪いことが起こってしまっても「しょうがないな」という、社会や他人に対しての低い期待値を持って生きていました。Because American society requires individuals to be responsible for themselves, I lived in the U.S. with a sense of danger in that I understood that bad things can happen anytime, as well as with low expectations for society and for others, brushing off bad things when they did actually occur. 期待値が低いと、期待が裏切られてもさほどショックではないですし、あまり感情的にならず、さっさと忘れて前に進もうという気持ちで対処できました。If expectations are kept low, I'm not as shocked when they are betrayed. I could respond to the betrayals without getting too emotional, and I could quickly forget about them and move on. 一方で、日本文化はマナーやエチケット、習慣などが厳格で、社会のルールを守れない人達は非難されたり、白い目で見られるというのが私の印象です。On the other hand, Japanese culture consists of rigid manners, etiquette, and customs, and my impression is that those who cannot follow society's rules are criticized or frowned upon. そんな環境に数年間住んでいると、まずは悪い人や悪い出来事に対する危機感が落ちてしまったなと感じるのと、生活水準が高く、ほとんどの日本人は明確な社会のルールやマナーに従って生きていて、集団の意思に反する言動には続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • Happy Thanksgiving
    on 2019年11月28日 at 11:24

    Hello everyone! コメント、ありがとうございます!ひとつひとつ、楽しく読ませてもらっていますThank you for your comments! I enjoy reading each and every one of them. 英語の難易度にバリエーションがあるように、カジュアルなトピックからちょっと複雑なものまで、幅広く記事を書けたらなと思っています。So that there is a variation in the difficulty of the English I use, I'm hoping to write posts on a wide range of topics, from casual ones to slightly complex ones. さて、今日はカジュアルなトピックで!時差はありますが、今年は今日、11月28日がアメリカではサンクスギビング(感謝祭)です。毎年11月の第四木曜日に祝います。With that said, today's topic is casual! There is a time difference, but today November 28th is Thanksgiving in the U.S. this year. We celebrate it on the fourth Thursday of every November. 前に、簡単にですが感謝祭の歴史をブログに書いたこ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

コメント書込

  コチラの芸人さんもオススメ

ギャロップ
ギャロップ

ギャロップ メンバー 林健 本名:林健 生年月日:1978年5月17日 血液型: …

あばれる君
あばれる君

あばれる君 よみがな:あばれるくん 本名:古張裕起 生年月日:1986年9月25 …

ネプチューン
ネプチューン

ネプチューン メンバー 原田泰造 本名:原田泰造 生年月日:1970年3月24日 …

夜ふかしの会
夜ふかしの会

夜ふかしの会 メンバー 原慎一 よみがな:はらしんいち 本名:原慎一 生年月日: …

チャド・マレーン
チャド・マレーン

チャド・マレーン メンバー 加藤貴博 よみがな:かとうたかひろ 本名:加藤貴博 …

セクシーチョコレート(解散) オススメ商品