お笑い芸人大百科

芸人さんを応援❗ネタ動画・SNS・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

キサラギ さん

キサラギ

ワタナベエンターテインメント所属のお笑い芸人[キサラギ]上野悠介/富樫啓郎のネタ動画や情報を紹介。

キサラギ


キサラギ メンバー

上野悠介

よみがな:うえのゆうすけ
本名:上野悠介
生年月日:1987年2月27日
血液型:

富樫啓郎

よみがな:とがしひろお
本名:富樫啓郎
生年月日:1987年2月10日
血液型:

Blog

キサラギ富樫の親愛なるトガシスト達へ

  • ハナコ単独
    on 2021年6月19日 at 20:53

    やぁ。トガシスト。ジメジメジメジメ。あまりの湿気にやられてないか?俺はもうお手上げさ。(湿気の前では富樫も無力!!)ハナコ単独に行ってきた。ハナコの単独を見たのいつ以来だろう。新宿のモリエールの時以来かな。無性に見に行きたくなった。というのも先日放送された『キングオブコントの会』。甚く感動した。最高すぎた。めちゃくちゃ久しぶりにテレビでコント見て腹抱えて笑わせてもらった。松本さんのコントとシソンヌさんのコント。あぁ羨ましい。羨ましい羨ましい。まだまだ羨ましいと言える。あんな豪華なセットで。秋山なんて松本さんとコントしてて。もう芸人としての夢全部叶えたといっても過言ではないんじゃないか。とさえ思う。そんな計り知れない経験をし続けるハナコがどんな単独をやるのか。もう興味しかなかった。それで結果めちゃくちゃ面白かった。きてほしいところできてやってほしいところでやってくれた。ハンバーグ頼んだらちゃんとハンバーグが予想より多めの肉汁できた、みたいな。すごい気持ちよく笑える単独。オープニング映像もエンディング映像も洒落てて。幕間もずっとニコニコできて。音楽もちょうどよかったなぁ。手伝いの後輩芸人がみんな仲良い人続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • 家系ラーメン
    on 2021年6月14日 at 09:25

    やぁ。トガシスト。一歩進んで二歩下がり三歩進んで富樫だよ。(貴重なテクテク富樫!!!)みんなには黙っていたけど去年の始めから家系ラーメンにドップリハマっている。なんでブログとかSNSで書かなかったかというと家系ラーメンガチ勢の人達に比べたらまだまだ自分なんてひよっこレベルで恐れ多かったのと芸人の人達が俺がラーメンのこと書いてるのみたら「うわ、、」って思われるんじゃないかと恐れていたからだ。でももう書いちゃう。(うー!戦々恐々!)家系ラーメンとの出会いは去年のはじめ。YouTubeを何気なく開いたらトップに『吉村家修行』の動画が出てきたことがキッカケだ。特に食に関する動画も見たことないのにAIがなんで勧めてきたのだろうと不思議に思い何気なく開いたのが全ての始まりだった。見始めて開始1分。ガッツリつかまれた。30年ほど前のドキュメンタリー番組の映像だろうか。今のコンプラ社会ではあり得ない場面の数々。吉村社長に殴られ蹴られ、それでも喰らいつくお弟子さん達。どれだけシゴかれても、まかないで吉村家のラーメンを食べると「うまいっすね」と満面の笑顔で言いまた仕事に取り掛かる。お客さんのみならずお弟子さん達までもを魅了するラーメン。一体どんなラーメンなんだろうと惹かれたのと吉村社長のカリスマ性に完全に心打たれ気づけばその動画を10回は見ていた。後に知ったけど家系ラーメンファンの方々からしたら相当有名な動画らしい。それまで家系ラーメンについて人並以下の知識しか無かったので急いで自分なりに調べた。ちょっとだけ知った感じで簡単に書いちゃう。(戦々恐々!)元々は長距離ドライバーだった吉村実社長がラーメン屋に転身して独立した際に『福岡の豚骨スープと東京の鶏ガラ醤油混ぜてみたら美味いんじゃないか』という長距離ドライバーとして全国のラーメンを食してきた社長ならではの発想で豚骨醤油味の家系ラーメンが出来たらしい。鶏ガラ醤油、鶏油、豚骨スープ。麺は酒井製麺さん。麺あげは平ザル。トッピングのベースはほうれん草、チャーシュー、海苔。これが家系ラーメンのベースだ。家系には『系譜』という家系図がある。(『はまれぽ』さんより)最近では系譜を見ただけでヨダレが出てくるようになってしまった。いよいよヤバい。ここから撮りだめた家系の一部を簡単に紹介させて頂きたい。まず最初に向かったのが新杉田の『杉田家』さん。数少ない直系店の一つ。店主の津村さんはドキュメンタリーでコテンパンにやられていたあの東大出身の津村さんだ。めちゃくちゃ感慨深い。店に着くと行列。杉田家の向かいは今では住宅や店があるが「あの動画で見た吉村家が横浜西口に移転する前はあそこにあったんだ」なんて物思いにふけながら並んでいるとあっという間に順番になった。そして出てきたラーメンがこちら!めちゃうま!初めてちゃんとした家系食べて感動!店の雰囲気もピリッとした緊張感と活気でみなぎっていた。正直言うと初の直系店に緊張しすぎて味をあまり覚えていません。。またいきたい。。でもなにより麺あげがかっこよすぎた。杉田家だけに。怒られそう。。津村さんはお見かけすることはで続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • on 2021年6月12日 at 20:06

    やぁ。トガシスト。殺伐とした世の中で君も生き急いでいやしないかい?今日はここでゆっくりしていきな。(お茶は?!いる感じ?!?!)売れるまで酒をやめる。俺には無理だなぁ。よく聞く。お笑いに集中するために酒をやめる。お酒を飲まない人にとったらそんなの簡単じゃんと思われるかもしれない。ただお酒が好きな人にとっては至難の技だ。先輩のお酒好きな方が禁酒してるの今まで何人か見てきたけど一年が最長だった。岡部がハナコ組んで結構すぐに「俺賞レース取るまで一旦酒やめるわ」って言われた時はあのお酒大好き岡部が、、寂しい、、とショックだった。それから何ヶ月かして会ったらハイボール飲んでて「解禁したの?」と聞くと「俺賞レース取るまでビールやめるわ」しれっと微妙に緩和させていた。それくらい難しい。でもそれまでに比較して圧倒的に飲まなくなった岡部は程なくして売れた。売れるかどうかが酒量と関係するのかは人それぞれだと思うけどそういう事例もあった。自分はお酒が大好きだ。と思っていた。ずっと。でもこのコロナ禍になって気付いた。飲むのが好きなんじゃなくて飲みながら人と話すのが好きなんだと。だから家で一人で飲んでも虚しくて。それに気づいてから家にいる時はほとんど飲むことはなくなった。飲むという行為自体はそれほどまでではなく飲んで人と楽しい時間を過ごすというのがたまらなく好きだ。だから打ち上げが大好きだ。でも今はライブがあっても打ち上げが無くて猛烈に悲しい。あの時間にああだこうだそうだどうだ話すのが好きだ。酒で失敗した事も多々あれば酒で巡り会った素晴らしい縁も時間もある。今は気づいたら一週間飲んでないとかもよくある。ただ禁酒は出来ない。多分。禁煙は出来たけど禁酒は想像できない。やっぱりなんやかんや根っこでは酒が大好きなんだろう。一ヶ月とか想像もできない。やっぱ一年完全に禁酒した先輩はすごい。先月。事務所のネタ見せで自分たちの一個前の順番で後輩の続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • ネタパレ
    on 2021年6月6日 at 22:51

    やぁ。トガシスト。今日はどのトガシストの為にブログを書こうかな。よし君にチェックメイトガシ。(ズキュンだ!!!!)ネタパレご覧頂いた方。ありが富樫。内田篤人さんにMVP選んで頂きました。コンビ共々サッカー大好きなのでゲストと聞いた時は嬉しかったな。ネタは思ったとおり出来たんですがMVP選んでもらった後の絡みとかは地獄地獄大反省でまだまだ頑張らないといけませんのでファイトガシします。ただ事務所ライブ頑張ってそしたらオーディションきてなんとかテレビ出れた。これが一番嬉しかった。コツコツめげずにやったら少しは日の目を浴びれるんだと。次は長いネタのほうで出たい。もっと見てもらいたいのが山ほどある。まだまだいくっきゃnight!!!(パカーン!!!)今回ちょっと気になったのが出演が決まって女性スタッフの方と僕らでzoom打ち合わせをしていた時。打ち合わせが進んで30分くらいした時にふとスタッフさんが「上野さんって田中圭さんに似てませんか?」と言った。上野が戸惑いながら「え?顔がですか?」と言うとスタッフさんは「あ、顔も声もです。」と言った。か、顔も声も、、続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • 凪の精神
    on 2021年5月27日 at 00:45

    やぁ。トガシスト。梅雨だね。雨が降らない。太陽の出番が多い。梅雨の時期の日光俺は好きなんだ。君はどう?意見をどうぞ。(さぁ!!梅雨の日光への意見を!!!さぁ!)久しぶり。まだまだ大変な世の中だけどみんな元気?去年の今頃の自分は単独が中止になっていろんなライブもことごとく無くなってせっかくのドラマ撮影もストップして完全に折れていた。戦意喪失。なにかを言い訳になにもしない日々。唯一毎日やったことはヒゲを伸ばすこと。(ひどい)結局去年も大変な中だったけどお笑いの大会はあったし、売れる人は売れてた。今年は同じような状況だけど去年のような事にはなりたくないと思い日々前向きに取り組んでいる。つもりだ。周りの環境や出来事に惑わされず一喜一憂せず常に平常心で自分のことに集中し、粛々とやり続ける。『凪の精神』これだ。見えた。今年は去年とは違う。絶対にやってやるんだ。世の中は緊急事態宣言中でも富樫の心は平常事態宣言中。整った。(整ったかな?!)まずはコツコツ毎月の事務所ライブから。僕らが出ているのは一番下のカテゴリーにあたる『NEW COMER』11年目に入った芸人が出るにはかなり恥ずかしい名前のライブにWEL NEXTから落ちた3年ぐらい前から出ている。(NEW COMERだけ「!」がついているのもポイント)昔、高校の担任の先生が「なんでもいいからターニングポイントを作れ。年が変わった。月が変わった。誰かと会った。誕生日。なんでもいいからそこから何か変えていけ。」と言っていた。年度が新しくなり迎えた4月のN続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • 衣装
    on 2021年4月9日 at 23:40

    やぁ。トガシスト。新入生。どうした?迷子になったの?大丈夫。俺も迷子だ。(絶対についてきちゃだめだぜ!!)この間ライブで久しぶりに愛しの先輩イヌコネクションさんに会った。(後ろが戸川さん。前がはじめさん。)はじめさんは唯一の先輩飲み友で。気兼ねなくサシ飲みが出来る先輩。店でも、路上でも。とにかくご馳走になった。でも一昨年にアル中で入院治療して、酒をやめた。それから全く会わなくなった。僕とはじめさんはびっくりするぐらい酒で繋がっていたんだなぁと思った。お茶でもいけばいいんだけど僕とサシで会ったら酒が浮かぶかもしれないから会ってない。ちょっとさみしい。でもある意味あそこで入院してお酒飲めなくなってよかったかもしれない。アル中時代の晩年はもはや会話できてない時もあったし。久しぶりに会ったはじめさんはあの頃とは違いもちろんシラフで楽屋にいた。飲んでないのももう全く苦ではないそうだ。「お菓子食べる量増えちゃった💕」と可愛らしく話していた。アル中最終形態を見ていた人間からすると少し物足りない気もするけどとにかく以前より段違いに顔色もよかったし安心した。健康が一番だ。今度スイーツでも食べましょうね。路上で。そんなことを思いながら楽屋の奥をふと見ると相方の戸川さんがいた。準備万端。すでに着替えていた。なんのコントだろう。タクシーかバスか駅か続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • たっぷり藤原の引退ライブ
    on 2021年3月31日 at 21:25

    やぁ。トガシスト。一日の終わりに君にサンセットガシだ。(沈む事は決して無いぜ!!ぴかーん!)先日。一期下の13期生の後輩『ガッツマン』の[たっぷり藤原]の芸人引退ライブが催された。(後輩のガッツマン。左がヤマト、右がたっぷり藤原。)昨日のデラスキッパーズさんといいこの春は悲しい解散が多い。藤原については以前ブログに書いたこともある。https://ameblo.jp/togahiro/entry-12445998376.html?frm_id=v.jpameblo&device_id=5941b64301e249f08128d0de95047be9富樫啓郎(キサラギ)『ゴールデンエイジのたっぷり藤原』やぁ。トガシスト。どうした?泣いたままじゃ伝わらないぞ?花粉症で困ってる?俺もだよ。1つアドバイスしようか。マスクするんだ。俺達の一期下の後輩。ゴールデンエイ…ameblo.jpそんな藤原が芸人を辞めることになった。藤原のためにヤマトを中心にした13期の同期がラストライブを催すことになったらしく先日ヤマトからLINEで「今度藤原の引退ライブにサプライズで出てもらえませんか?!」と連絡が来たので「俺らでサプライズになるとは思えないけどいいよ!」と快諾した。それから何日かしてヤマトからLINEがきた。「今日電話できますか?!藤原のライブの件で話したくて!」とのことで電話した。僕もサプライズの件心配だったので「俺らってどんな感じで出るの?大丈夫?」と聞くと「大丈夫です!!」と能天気に言うので心配で「他誰出るの?」と聞くと「順番的には八田荘さん→土佐兄弟→四千頭身→キサラギさんです!キサラギさん大トリです!」と言った。ははーーん。察したぞ。いわゆる【スカシ】だ。このトガシに【スカシ】とは。売れっ子が立て続けに来て最後誰がくるんだーって期待値上がったとこで「キサラギかーい!ずこー!」もしくは「いやこいつら誰だよー!ずこー!」これが【スカシ】だ。ヤマトが興奮気味に言った。「これやばくないすか?!思いついた時めちゃくちゃ面白いと思って!!キサラギさんしかいないんですよ!!」正直なところ俺もめちゃくちゃ面白いと思った。むしろ「え?いいのかい?ヤマト。こんなおいしいの。本当にありがとう。」って感じだった。見える。笑う客席が。聞こえる。出てきただけで鳴り止まない爆笑が。ゴールまでの道がキレイに描けた。いやこれは武田修宏も驚きのごっつぁんゴールだ。ヤマトとの電話を切るときにはすでに『スカシ芸人』『ごっつぁんゴール芸人』としての自覚が芽生えていた。楽しみに迎えた本番当日。藤原にバレないように開演してから楽屋に着くと土佐兄弟や手伝いの後輩がいた。四千頭身が仕事の都合で出れなくなったと聞かされた。後輩が言った。「キサラギさんの出番は八田荘さん→土佐兄弟さん→平野ノラさん(藤原と同期)の手紙→キサラギさんです!」なるほど。四千頭身のとこが平野ノラの手紙になったってことね。全然問題ない。楽屋のモニターを見るとガッツマンと同期でオープニングトークをしていた。最後とい続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • めでたい
    on 2021年3月23日 at 23:09

    やぁ。トガシスト。夜の富樫には気をつけた方がいいぜ。夜の富樫は富樫じゃないぜ。(きゃー!!逃げてー!!がぶりんちょされちゃうー!!)岡部が結婚した。(べーやんのTwitterより拝借!)もう付き合って何年になるんだろう。岡部の彼女が奥さんになった。岡部の彼女には思い出がある。岡部の彼女とは3人でご飯食べたり、3人で岡部の引っ越しを手伝ったこともある。そんな岡部の彼女が奥さんになった。引っ越しを一緒に手伝った時。岡部の彼女とは割と仲良かったから「おーい!休んでる暇ないぞ!」「軽いのばっか運ぶなよ!」と岡部の彼女に偉そうに指示出すというボケをして「はぁ?富樫さんウザーい」みたいに彼女に言われるのを楽しむ、いわゆる『くだり』みたいなのを楽しんでいた。3人で道を歩いた時は岡部が右手で彼女と手を繋いでいたら僕が岡部の左手を繋いで、それが彼女にバレて「ちょっと!富樫さんは手を繋いじゃダメ!」と注意されて僕が「え、でも俺も岡部好きだもん!」って言って彼女が「もぅ!」ってなる『くだり』がなんだか面白くて何度もやった。それから数日してライブで一緒になった岡部に「この間楽しかったねー」と言うと「なんかさー、彼女が富樫無理だって。」と言われ、「またまた〜笑まぁまた3人でメシでもいこうよ!」と言うと「いやいや、本当に本当に。なんか無理になっちゃったみたいなのよ。だから3人では厳しいかも。なんかごめんな。」と言われた。その時の岡部の表情と話し方でさすがに察した。あ、これガチのやつだ。と。原因は完全にあの『くだり』だ。今思えばあの『くだり』たちは特に面白くはなかった。大変辛い話だけど。自己満足の笑いは相手を不快にさせてしまう事もあると学んだ。謝りたい。そして誓いたい。「もう岡部の左手を繋いだりはしないよ」と。そんな思いを抱きながら月日は過ぎていった。あ続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • 先輩
    on 2021年3月21日 at 01:15

    やぁ。トガシスト。なんてこった。気づいたらまた君を見てる。試合中だってのに。(監督に怒られても構わないのさ!!シャキーン!)春はターニングポイント。3月いっぱいで先輩のデラスキッパーズさんが解散する。(左:町田さん、右:トシボーイさん)トシさんが3月いっぱいで芸人を引退されるそうだ。デラスキッパーズさんは養成所の5期生で12期の自分にとっては大先輩。当時のコンビ名は『ソフトアタッチメント』で、その後『オナジミチ』になり3年ほど前に拠点をお二人の地元の名古屋に移されてからは『デラスキッパーズ』というコンビ名になったと記憶している。僕がデラスキッパーズさん通称デラスキさんを初めて見たのは所属して一年目。初めて事務所ライブの手伝いをした新宿明治安田生命ホール。お客さんの誘導やチケット受付が終わったら手伝い芸人は空いてる席で先輩のネタを見ることになっていた。当時はライブに出れていない自分自身へ苛立ってたし今の数倍尖りトガシだったこともあり「笑ってたまるかよ」と先輩方が舞台でワーキャー言われてるのをイカつめの能面の様な表情で見ていた。今思い返すととんでもない話だ。そんな中ステージから聞こえてきた「明治大学拷問博物館かよ!」の声にめちゃくちゃ引き込まれた。正確にはちょっと違うかもしれないけど間違いなく『明治大学』と『拷問』というワードは聞こえた。なんだそのツッコミ。めちゃくちゃ面白かった。めちゃくちゃ笑った。それがデラスキさんだ。ネタを書いてるのはツッコミの町田さんでみんなにマッチさんと呼ばれる兄貴だ。マッチさんはとにかく知識が豊富で頭の回転が早くてガハハハハと豪快に笑う。話してると圧倒されるしめちゃくちゃタメになるし聞いてるだけで存分に楽しい。僕は2年ぐらい『セツメイト』というネットの雑学番組のレギュラーをご一緒させてもらったけどとにかく知識量に驚かされた。豆知識や都市伝説を聞くのが好きな自分はいつも収録でマッチさんの話を聞くのが楽しみだった。マッチさんが作る漫才は斬新だった。ゲーム性があったり見たことない規則性があったり。よくこんなに新しくて面白いシステムいつも思いつくなと感心させられた。デラスキッパーズさんと笑撃戦隊さんは僕の中では漫才のシステムエンジニアだ。そんなマッチさんに「キサラギ今日面白かったね!」って言われたら「あ、今日の面白かったんだ」と思えたしめちゃくちゃ嬉しかった。二年目ぐらいの時。待ち合わせしてて「少し遅れてます」と電話したら「おい富樫、てめぇ、なめてんのかこら」と電話口で荒げるわけでもない低めのスーパー怖い人の声で言われ、恐怖に震えながら走って待ち合わせ場所に着いたら「ガハハハハ!びっくりした?笑」といつものおどけた表情のマッチさんがいた。軽いドッキリだった。ちびった。膝から崩れ落ちた。一瞬マジでマッチさんのこと苦手になるくらい怖かった。『山形の三軍』の自分にとって『愛知の元ヤン』というパワーワードの持ち主のマッチさんのあの声は今でも脳裏に張り付いていて今思い出しながら背筋が伸びている。そういう先輩は貴重だ。そういえばみんなで『セツメイト』の打ち上げで渋谷にシュラスコ食べに行った時にマッチさんが「俺さ、肉無限に食えんだよ」って真顔で言ってて続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

  • ダイエット
    on 2021年3月2日 at 00:16

    やぁ。トガシスト。ディズニーウォルトディズニーウォルトガシー(間違いなく主役では無い面構え!)コロナでライブもずいぶん減って、私生活では断捨離、部屋の大掃除、自炊確実にコロナがなかったらやらなかったであろう事をやっている。普段の出費も見直すようになった。コロナ前の生活のままだったらしんどかったからこれもいい機会だなぁと思う。その中でずっと目を向けず、なんとなくしれっと逃げていたのが『ダイエット』だ。高校3年時から30までは自慢じゃないけど体重の増減はほぼなかった。だから食生活も気にすることがなかった。30代になったら20代と同じ生活をしているのに1年に1キロは太るようになった。72キロだった体重は今や77キロまで膨らんだ。お腹はビールと家系ラーメンでぽっこりだ。待ってくれ。こんなの聞いてない。20代の頃に30代の先人に言われていたのは「30から急に体力なくなるぞ」「30から声出なくなるぞ」「30からオールできなくなるぞ」こんなもんだ。しかもどれも今34にして特に感じたことはない。おいおい。「30なったら太るぞ」なんて聞いてないぜ。いや言われてたのか?言われてたけど太らないという過信が耳に蓋をしてしまっていたのかもしれない。今の俺なら20代の人達に声を大にして言える。割と太るぜ気をつけなhey!!!!と。このままジワジワ太ったら。もし80まで生きたとしたら単純計算で120キロ前後であの世にいくことになる。避けたい。とても避けたい。どこかでやらなければと思っていたけどもう今しかない。昔マネージャーさんに「芸人なら思いっきり太ってるか思いっきり痩せてな続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

YouTube

キサラギちゃんねる

ワタナベエンターテインメント所属『キサラギ』のYouTubeチャンネル。キサラギのラジオ、ネタ、動画配信予定!

コメント書込

  コチラの芸人さんもオススメ

東京ダイナマイト
東京ダイナマイト

東京ダイナマイト メンバー 松田大輔 よみがな:まつだだいすけ 本名:松田大輔 …

イシバシハザマ
イシバシハザマ

イシバシハザマ メンバー 石橋尊久 よみがな:いしばしたかひさ 本名:石橋尊久 …

沸騰茶そそぐ子ちゃん
沸騰茶そそぐ子ちゃん

グレープカンパニー所属のお笑い芸人[沸騰茶そそぐ子ちゃん]のネタ動画や情報を紹介。

いい塩梅
いい塩梅(解散)

いい塩梅 メンバー 松村祥維 よみがな:まつむらよしつな 本名:松村祥維 生年月 …

田畑藤本
田畑藤本(解散)

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人[田畑藤本]藤本淳史/田畑祐一のネタ動画や情報を紹介。

キサラギ オススメ商品