お笑い芸人大百科

芸人さんを応援❗ネタ動画・SNS・プロフィール情報サイト

映画 エンタメ

ペナルティ さん

ペナルティ

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人[ペナルティ]ヒデ/ワッキーのネタ動画や情報を紹介。

ペナルティ


ペナルティ メンバー

ヒデ

よみがな:ひで
本名:中川秀樹
生年月日:1971年4月7日
血液型:O型

ワッキー

よみがな:わっきー
本名:脇田寧人
生年月日:1972年7月5日
血液型:B型

Blog

ペナルティヒデnote

  • 短編小説『夢』31
    on 2021年5月7日 at 22:28

    の痺れと全身の筋肉疲労を覚えた時、腰を下ろすのに都合良い窪んだスペースを見つけた。「よし、あそこで休もう…」無我夢中で上を目指してきた。限界寸前でこの窪みは本当にありがたかった。「疲れた…」ゴツゴツした尖った岩肌に直哉は背中をもたれてひと息ついた。「こんなに…」そこで初めて登ってきた高さを思い知る事になる。そこは登り始めた地上からはビル高さで15階くらいはあった。万が一、足を滑らせて滑落したらひとたまりもない高さだ。余りの雄大さと原色に近い自然の彩りに遠近を狂わさせていた。長い息を吐く。眼下にはブロッコリーのようなこん盛りした森林が広がる。その向こうには吊り橋を失った崖があり、そして菊と出逢った世界がある。岩肌から見渡せる180度の景色。それはまさに新旧・今昔そして生死が入り交じったパラレルワールドだった。続きをみる

  • 短編小説『夢』30
    on 2021年5月7日 at 15:42

    管の中に果汁を注いでみる。汁は勢いよく流れ落ち、最後にポトリと種も一緒に管の中へと落ちていった。全てを注ぎ込むと、実は皮だけの容器となった。果汁は管の半分の高さまで一旦上がると徐々に地中へと染み込んでいった。空き缶が落ちてれば缶蹴りをし、箒(ほうき)を持ったら野球をする。穴が空いているから種を入れた。ただそれだけの理由だった。管の中の水分が全て土に吸収された。中を覗くと底には湿った土の上に種がうっすらと見える。続きをみる

  • 短編小説『夢』29
    on 2021年5月7日 at 11:39

    管の直径は水道ホース位で長さは1メートル弱といったところだ。乳母日傘だった直哉とはもう既に違う。恐れる事なく検分した。前傾姿勢になり管の中を覗く。管の突き刺さった底の部分が黒光りしている。水分を帯びた土が光って見えているようだ。直哉はその奇妙な管を目の前にして胡座を組み一息ついた。一瀉千里(いっしゃせんり)に出口を目指したところで福運は訪れないだろう。短慮は取り返しのつかない失意を招く。続きをみる

  • 短編小説『夢』28
    on 2021年5月7日 at 08:12

    突然、怪盗がマントを翻すように親鳥は方翼を広げた。その振る舞いで大きさは体長の倍にまで広がって見えた。羽の内側にオレンジ色のラインが中央に1本入っていて、スポーツブランドのトレードマークのようなデザインだった。直哉は雛の扱いに困惑した。雛が訴えるように鳴き散らすからだ。それは子が親に対して送るSOSのように思えて仕方がなかった。「やばいぞ…」直哉は危機を感じていた。人間だけではない、どんな動物でも親は子を命懸けで守るものだ。「あっ!」雛からのシグナルに親鳥は両翼を広げた。親鳥はふわりと軽やかに枝から足を浮かすと、大きく広げた両翼に風を受け、微調整しながら、音も立てずに飛来し、一瞬で直哉の前に着陸すると、広げた翼を機械仕掛けに折り畳んだ。続きをみる

  • 短編小説『夢』27
    on 2021年5月6日 at 21:14

    グレーの羽毛に包まれた雛鳥をそっと掌にのせ、小刻みに震える身体を優しく撫でた。「あったかい…」雛の体温が直哉の掌に伝わり、冷えた心にポッと温もりを届けてくれる。目を瞑り、ピーピーと弱々しく鳴いている雛を全力で守りたいと思った。菊もこんな気持ちだったのかも知れない。緊張の連続だったが、温かいこの小さな命に直哉は癒された。雛もまた、親と離ればなれになり独りぼっちだったのだろう。この広い世界でお互い小さな身体を寄せ合って生きている。続きをみる

  • 短編小説『夢』26
    on 2021年5月6日 at 19:35

    雨が直哉の体温を奪っていく。身体が冷えていくと同時に人恋しくて堪らなくなった。直哉は寒さと孤独に膝を抱えた。菊はまた去っていった。何も恩返しする事が出来ず、また支えれ、助けられるだけ助けられて、何もしてあげる事が出来なかった。雨の音が消えた事に気づき、直哉は顔を上げた。いつの間にかまた眠っていた。此処に長居をしていても仕方ない。菊との約束を果す為に立ち上がった。続きをみる

  • 短編小説『6月雨』19
    on 2021年5月6日 at 11:13

    喫茶店のドアに鍵を掛けた時には、既に22時が過ぎていた。店はやけに混んでいたが、俺の身体はエネルギーに満ち溢れていた。道玄坂を歩いた。渋谷のネオンは煌々と輝きを放っている。街はまだまだ眠りにつこうとしないどころか、逆にこれから目覚めた者が更に集い始めようとしていた。続きをみる

  • 新・前略相方様…2
    on 2021年5月6日 at 09:15

    本来、僕らの仕事はゴールデンウィークの間、収録は基本無しで、テレビ局、テレビ制作人も確りとお休みを取ります。コロナ禍という事もありテレワークやステイホームが推奨されているというのも1つありますが、基本的にはお休みというテレビマンは多いのであります。そもそも彼等テレビマンも会社員やサラリーマン・OLの方々と立場的には同じなので、当然カレンダー通りのお休みを貰えても何の不思議はないのです。但し、ニュースなどの生放送やワイドショーなどは別となります。お察しの通り、次から次へと新しいニュースが飛び込んでくる訳ですから、休む事なく働き、視聴者の方々に情報を届けるという、ある意味使命感のようなものが働いているのです。特に、このご時世ですからね。いくらネットやスマホニュースが主流となりつつも、テレビニュースは今も昔も我々の生活には欠かせないツールの1つには違いないのです。続きをみる

  • 短編小説『夢』25
    on 2021年5月6日 at 08:40

    品定めをするように獣が直哉を見下ろす。直哉は獣の瞳を覗き込んだ。今はもう、その瞳に菊は映っていなかった。獣の鼻息に顔を背けたくなるが、目を逸らすのは危険だと脳が本能を通じて警告する。直哉自身も横を向いた瞬間、首筋をガブリと食いちぎられる気がしてならなかった。首筋から背筋にかけてゾクゾクと寒気がし、更に直哉の身体を震わせた。直哉は長く、静かな呼吸を繰り返した。少しずつ体の震えが収まっていくが、恐怖心が抜けた訳ではない。獣の体長はおよそ3メートルはあり、長い尾は2メートルはあった。その大きさに圧倒されつつも、取り乱す事はなかった。何故なら何もして来ないどころか、明らかに人のような優しい眼差しで直哉を見ているのだ。すると、やはり偶然ズボンに爪が引っかかった訳ではなく、獣が救ってくれたと思う方が自然な気がしていた。続きをみる

  • 短編小説『夢』24
    on 2021年5月4日 at 08:21

    垂直になった橋を登る。額を、背中を、全身を粘ついた汗が止めどなく滴り、目が開き辛く体力がみゆみると消耗していくのが分かった。このままでは確実に焼け落ちるか、登り切って黒豹に対峙するかのどちらかだ。まさに究極の選択を直哉は強いられていた。だが迫り来る熱さに耐えきれず、直哉は後者を選択せざるを得ない状況に追い込まれていた。首を伸ばし、顔を上げる。あと1メートルで淵に手が届く距離だ。続きをみる

Instagram

オススメDVD

ペナルティ単独ライブ2004

ペナルティ単独ライブ2004

ワッキーの芝刈り機がうなる!ヒデのドロップキックが宙を舞う! 某番組で追い師匠までをも唸らせた濃度200%のコント。 そして大司会者・みの○んたまでがハマッた“...

販売価格: 4,180 円 ( 更新)

販売店舗: よしもとネットショップplus

コメント書込

  コチラの芸人さんもオススメ

Kittan
Kittan

Kittan よみがな:きったん 本名:北本智子 生年月日:1990年1月17日 …

竹内ズ
竹内ズ

コメント書込 件

キラキラ関係
キラキラ関係(解散)

ワタナベエンターテインメントに所属していたお笑い芸人[キラキラ関係]ななえ/ワタリ119のネタ動画や情報を紹介。

初恋タロー
初恋タロー

初恋タロー メンバー こうすけ よみがな:こうすけ 本名:松野浩介 生年月日:1 …

ZAZY
ZAZY

よしもとクリエイティブ・エージェンシー所属のお笑い芸人[ZAZY]の動画や情報を紹介。

ペナルティ オススメ商品